摂食障害のホームページ

タグ : 糖尿病

【10】-1 摂食障害と糖尿病のカンケイ はじめに

摂食障害の症状である過食がある人の中には、糖尿病を恐れている方も多いことでしょう。

糖尿病には大きく分けて1型糖尿病と2型糖尿病があります。

摂食障害の症状である過食は、生活習慣病として知られる2型糖尿病発症のリスク行為です。

2型糖尿病のみならず妊娠糖尿病をも発症しやすいでしょう。

また、摂食障害は1型糖尿病とも関係の深い病気です。

いずれのタイプにせよ、糖尿病の治療の大きな柱のひとつが食事療法です。

しかし摂食障害は、思うように食事が取れない、食べることをコントロールできない病気です。

摂食障害の方が食事療法を行うのは、過食衝動のある人に「過食してはいけません。」と言うことほどナンセンスで時に有害です。

食事療法によるストレスがつぎの過食を誘発しかねません。

糖尿病を発症した場合、その治療のかなめである食事療法は、摂食障害の病状の悪化をもたらすでしょう。

食事療法に伴うストレスだけではありません。

糖尿病の病状の進行への恐れや不安。

適切な治療ができない自責や罪悪感。

一時的にでも過食を我慢しようとするストレス、それでも過食してしまうストレス。

どれをとっても、さらなる過食を誘発しうる程のストレスです。

摂食障害の症状である過食や過食嘔吐は糖尿病の病状を悪化させるものです。

過食によってインスリン必要量が増し、過食による体重増加や高脂血症は身体のインスリン抵抗性を上げます。

このようなしくみのもと、過食や過食嘔吐は2型糖尿病発症を引き起こします。

摂食障害と糖尿病は、お互いがお互いを悪化させてしまう、非常に取り合わせが悪い病気です。

【7】 過食のみはマシなのか

 過食嘔吐やチューイングが無い方々で、以下のように思っている方が多いようです。

Q)私は過食のみです。嘔吐が無いから、まだマシかな、と思うのですが。

A)
 あなたが、「過食のみ」の場合でも、DSM-5でいう過食性障害(むちゃ食い障害)である、とは言えません。
 過食後の絶食や極端な食事制限、過度な運動、下剤・利尿剤などの薬剤の誤用がある場合、DSM-5でいう神経性過食症や、神経性やせ症の過食排出型に相当するでしょう。
 過食嘔吐を主症状とする神経性過食症や神経性やせ症と同じ区分になるということです。

 まだマシかな、という考え方自体が、摂食障害の病的な心性であることを理解しましょう。
 過食衝動がある時点で、あなたが摂食障害という病気であることに変わりありません。
 摂食障害、中枢性摂食異常症は厚生労働省の定めた難病です。

 難病というひとつの枠組みのなかで、嘔吐していないからマシ、アルコール依存が無いからまだ大丈夫、などの比較は意味がありません。

 摂食障害は依存症としての特性もあります。適切な治療をせず放置すれば、依存する物質の種類・量がどんどん増えていくでしょう。
 自分自身を振り返れば、過食の症状だけを見ても、以前より増えていることが分かるはずです。増えていなければ依存するものが増えているかもしれません。
 数年前までは、アルコール依存症が無くても、今は毎日お酒を飲んでいるという方もいるはずです。

 「今は○○じゃないから大丈夫。」という安心材料は、未来のあなた自身が陥っている状態なのかもしれません。

 食行動異常の症状として、チューイングや嘔吐行為が無く、過食のみの場合、嘔吐・チューイングによる身体への負担はありません。
 しかし、過食による腹満感、腹痛、便通異常、過食後の異常な眠気など、過食そのものによる身体の負担はより大きくなります。
 過食が直接体重に反映されるため、肥満症、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病にもなりやすいでしょう。

 過食をすることで体重に直接影響するため、過食後の自責・抑うつ・罪悪感は、摂食障害の各病型のなかでも、過食のみの方が最も強いことでしょう。

【7】 Q 過食症ですが、糖尿病も心配です。

Q 私は過食症です。
 私の母が2型糖尿病で、数年前に脳梗塞を発症しました。今では意志の疎通もできず、長期入院を余儀なくされています。
 過食するたびに、自分も母のようになるのでは?と心配でたまりません。
 定期的に内科を受診し、血液検査で糖尿病のチェックをしてもらっていますが・・・。
(30代女性、過食)

A
 お母様が2型糖尿病であるということは、たしかに、娘であるあなたも2型糖尿病になりやすい体質が受け継がれているものと思われます。
 2型糖尿病は、かつて成人型糖尿病とも言われ、その発症に環境因子、遺伝因子が関わっています。

 両親のどちらかが2型糖尿病であるということは、その子どもであるあなたに2型糖尿病の遺伝因子があるということです。
 また、2型糖尿病の環境因子として、過食、ストレス、子宮内低栄養(低出生体重児)などがあります。
 
 以上のことから、あなたが過食症であることで、2型糖尿病をより早い段階で発症したり、発症してからは病状が悪化しやすい危険があります。

 過食症の患者さんに糖尿病を発症した場合、糖尿病の治療は非常に難しいものとなります。
 糖尿病の治療の大きな柱は、食事制限などの食事療法です。
 一方で、過食症はそもそも食べることがコントロールできない病気です。
 糖尿病の治療として食事制限が必要であっても、食事制限によって過食衝動が刺激され、かえって過食が誘発されたりします。
 糖尿病の治療としての食事制限は過食症の病状を悪化させ症状の増加をまねき、結果として増えた過食が糖尿病の病状を悪化させます。

 過食症と糖尿病は、お互いがお互いの病状を悪化させてしまう、最悪の取り合わせなのです。

 糖尿病を発症していたとしても、していなかったとしても、まずは過食症の過食衝動をなんとかするのが最優先です。
 糖尿病を発症する前に過食衝動をなくすことができれば、糖尿病の発症はずっと先のことになるでしょうし、発症しないで済むかもしれません。
 
 もし糖尿病を発症したとしても、過食衝動がない状態で食事療法に取り組むのと、過食衝動に振り回された状態で食事療法に取り組むのとでは、天国と地獄ほどの違いがあります。

 あなたが糖尿病や糖尿病による合併症が心配なのであれば、一刻も早く過食症を治しましょう。
 過食衝動を無くすことで、糖尿病の発症を遅らせるか、そもそも発症せずにすむかもしれません。

 糖尿病を発症していたとしても、まずは過食衝動を無くすことです。
 過食衝動がある状態で、糖尿病に必要な食事療法を行っても、過食症も糖尿病もお互いに悪化していくでしょう。

 あなたが定期的に内科を受診し、しかるべき検査を受けていることは、それはそれで大切なことだと思います。
 あなたは、内科の医師に、自分自身の過食症について伝えていますか?
 糖尿病が心配で内科に通院しているであれば、2型糖尿病の発症に関わる「過食」についても話しておいた方がいいでしょう。