摂食障害のホームページ

タグ : 歯

【14】-3 チューイングと歯周病(歯槽膿漏) ② チューイングが歯周病を引き起こすしくみ

チューイングでは、食べ物、固形物が食道、胃、小腸、大腸を通りません。

消化管では、食べ物などの塊がその内部を通ることで、古い上皮細胞がはがれおちたり、ホルモンが分泌されたり、蠕動という消化管独特の動きが起こります。

消化管というものは、その中を食ベ物のカタマリ(食塊)が通るからこそ、よりよく機能するように出来ています。

チューイングに伴って、食塊が消化管を通過しないと、徐々に腸の働きが低下し、消化吸収機能が落ちていきます。

消化管、腸は、食べ物の消化吸収以外にも、腸管免疫という免疫システムをもちます。

消化管、腸は、免疫の面でも、人体にとって非常に重要な働きを担っています。

胃から続く小腸は、十二指腸、空腸、回腸から構成され、大腸につながっています。

小腸には、特にリンパ組織(免疫を担当する細胞の集合体)が発達した部分があり(回腸)、腸管免疫が正常に、活発に働く上で、非常に重要な臓器です。

小腸の消化管としての働きが低下することで、小腸の担う腸管免疫の働きも低下してしまいます。

腸管免疫の働きの低下によって免疫力が低下すると、歯周病が引き起こされたり、悪化したりします。

チューイングによって食べ物の塊が小腸を通過しなくなると、消化管としての機能が衰え、連鎖的に腸管免疫の働きも落ちて、歯周病が引き起こされるというわけです。

【14】-3 チューイングと歯周病(歯槽膿漏) ① 歯周病について

チューイングは歯周病(歯槽膿漏)の原因となったり、歯周病を進行、悪化させたりするでしょう。

歯周病は加齢変化の一種とも言われます。

個別に同定されていないものの、口内の細菌が歯周病の原因菌です。

加齢に伴い免疫力が低下し、歯周病の原因菌への抵抗力が落ちると、歯周病を発症します。

歯周病は口臭の原因にもなります。

歯周病を発症してしばらくは、自覚症状にうすく、そのうち噛む力が弱った、歯がぐらぐらするなどの症状が出てきます。

しかしそのときには、歯を失うことを食い止めることはできないでしょう。

歯周病の発症時期や、進行のスピードには個人差がありますが、それは、人によって免疫のはたらきに違いがあるためでもあります。

【14】-2 チューイングとむし歯、口臭 ③ 唾液不足で甘いものを噛み吐きし続けると、むし歯になるしくみ

むし歯のしくみは、口の中の菌が食べ物に含まれる糖分を分解するときに酸が生じて、その酸で歯が溶かされることにあります。

通常であれば、口の中の食べ物は、噛み砕かれた後、唾液とともに、食道、胃に送り込まれます。

しかし、チューイングでは通常よりも長い間、口内に食べ物がある状態になります。

また、唾液は口内の菌を洗い流す作用もあります。

口の中に食べ物があっても、唾液がたくさん出ていれば、菌ごと胃に押し流してくれます。

しかしチューイングでは、すでに説明したように、食べているときでも、食べていないときでも、全体的に口の中に唾液が少ない状態になりがちです。

さらに、摂食障害・過食症の症状では、菓子パンやお菓子など甘いものが好まれます。

甘いものがいつまでも口内にあって、かつ唾液が少ない状態は、むし歯菌が最もパワフルに活動でき、むし歯の発生・進行のために最適な温床となるのです。

いつも唾液不足な口内で、いつまでも甘いものを噛んでいるその状態が、刻一刻とむし歯を増やし、進行させているというわけです。

ストレスは過食嘔吐でスッキリ、でも最近歯のトラブルが多くて。