摂食障害のホームページ

カテゴリ : 【09】妊娠全経過と摂食障害のカンケイ

【9】-1 ① 妊娠初期

妊娠初期は、日本では妊娠16週未満を指します。

母親となる女性が妊娠に気付くきっかけは、月経停止や「つわり」でしょう。

定期的に月経がある人の場合、早ければ妊娠4~5週には妊娠の可能性に気付けます。

また、「つわり」は妊娠5週ころから出現するので、「つわり」を認めた場合にも妊娠に気付けるでしょう。

月経が不定期だったり、「つわり」に気付けなかった場合には、妊娠10週以後に気付く場合もあります。

妊娠10週ごろには胎児の重要臓器はほぼできあがっています。

流産の多くが妊娠12週未満に起こると言われています。

母児ともに、妊娠初期はとても大切な時期です。

妊娠初期は胎盤が作られる時期でもあります。

胎児の着床とともに胎盤が作られ始め、妊娠16~20週頃にその形やしくみが完成します。

【9】-1 ② 妊娠初期・着床前

妊娠初期、着床前に、胎児はどこから栄養を摂っているのでしょう。

母体の卵管膨大部で受精が起こると、新しい生命が発生します。

受精卵は、ひとつの細胞から、分裂を繰り返して細胞塊となります。

発生の極初期の段階です。

このころに、母体の卵子に蓄えられていた栄養分が必要不可欠と思われます。

母体の一生分の卵子は、母親が赤ちゃんのころから卵巣に備わっています。

2次性徴がきて母親となる女性に排卵が始まるまで、母体に備わった卵子の数は変わりません。

卵子は女性が胎児のころから、ずっとその女性とともに年月を重ねています。

女性が年を重ねるごとに、卵子も年を重ねます。

女性のライフスタイルの中で、妊娠に適した時期があるのは、卵子も年をとるからです。

女性がこの世に生まれてから受けた外界からの全ての刺激は、同時に卵子にも影響しています。

女性が妊娠するまでの全人生を通じての栄養状態も、卵子に影響しています。

女性が栄養失調に陥れば、その悪影響は卵子にも及んでいるでしょう。

母体の卵子は、母親となる女性のそのまた母親の栄養状態にも強く影響されます。

母体の卵子は、母親となる女性がそのまた母親のお腹の中にいるとき、胎児期に作られるからです。

女性が妊娠した時、そのお腹の子どもは、祖母となる女性の栄養状態にも影響されます。

母体の栄養状態は子子孫孫にまで影響するのです。

発生の極初期の段階にある着床前の胎児にとって、母体の卵子に蓄えられた栄養が重要です。

母親の妊娠までの人生全ての栄養状態が、母親のそのまた母親の栄養状態が、それを左右します。

【9】-1 ③ 妊娠初期・着床前 摂食障害とのカンケイ

摂食障害では、摂食制限(拒食)、普通食嘔吐やチューイング、過食後の絶食などの症状があります。

摂食障害はうまく栄養が摂れない病気です。

経過中に極端に痩せたり、太ったりしてしまいます。

特定の食物しか摂取できず、栄養が極端に偏ることもあります。

摂食障害では、著しいやせによる栄養失調や、偏った食生活に伴う栄養バランスの乱れが生じます。

摂食障害に伴う栄養摂取不良は、その方の卵子に影響しているでしょう。

そしてその影響はやがて母体となる身体に降り積もっていきます。

母親が摂食障害で、卵子に十分な栄養がなかった場合、どのようなことが起こるのでしょうか。

受精卵が発生しても、細胞分裂が進まずにそのまま流れる、つまり流産する、などのことが考えられます。

妊娠の全経過に言えることですが、特に極初期には、母親の全人生の栄養状態の総和がものをいいます。

摂食障害の妊婦さんの、妊娠までの全人生の栄養状態の総和は、低いと言わざるを得ません。

【9】-1 ④ 妊娠初期・着床後

受精卵の発生から7日前後で、胎児は母体の子宮に着床します。

着床してからは胎盤の基礎となるしくみが刻一刻とできあがっていきます。

着床の前後から、胎児は母体から栄養を得ています。

胎盤ができる前の胎児は卵黄嚢で栄養されている、という表現もあります。

しかし、卵黄嚢の内容液は、胎児が胚盤胞の状態のときに母体の子宮内腔の分泌物が取りこまれたものです。

胎児が卵黄嚢で栄養されている時期にも、母体の状態はすでに胎児に反映されています。

着床後には、母親から栄養や酸素をもらうための基盤がしっかりしていきます。

これは、母親の現在進行形の栄養状態が、胎児に反映されるようになるということです。

しかし、発生の初期には、母体に比して胎児は非常に小さい状態です。

そのため、母体の栄養状態が一時的に悪くても胎児は持ちこたえられるようです。

また、人の身体には常に代謝回転があります。

人の筋肉や骨は、一部壊され、一部新しく作られています。

この代謝回転の際、蛋白質やカルシウムが母体の血液に放出されます。

母親の口にするものだけが胎児を養うのではなく、母親の身体それ自体が胎児の栄養となります。

母体の基盤がしっかりしていれば、「つわり」で母親が一時的にものを食べられなくなっても、赤ちゃんに大きな影響がでないのはそのためでしょう。

母体の基盤がしっかりとできている場合とは、母親となる女性がそれまでの人生を良好な栄養状態で過ごし、母体となる身体に各種栄養の蓄えが十分にある状態です。

着床後は、母体と胎児は胎盤の基礎となるしくみでもってしっかりとつながります。

胎児は母親の血液から生命維持に必要なほとんどすべてのものを得ています。

母親が口にするものと、母親自身の身体でもって、母親は胎児を100%養っています。

母親の栄養状態が悪いことが、胎児に影響を与えないわけがありません。

母親の状態は、その血液や分泌物を通して全て胎児に伝わっています。

妊娠前から母親に栄養不良の既往があり、母体としての基盤がしっかりしていないことが予測される場合、妊娠中の母親の栄養不良はより深刻な影響を胎児に及ぼすでしょう。

【9】-1 ⑤ 妊娠初期・着床後 摂食障害とのカンケイ

摂食障害では、摂食制限(拒食)、普通食嘔吐やチューイング、過食後の絶食などの症状があります。

妊娠のこの時期に、絶食期間が重なったとします。

絶食によって引き起こされる母体の低血糖や脱水は、胎盤形成に悪影響を及ぼすでしょう。

胎盤は胎児にとって命綱となるものなので、胎盤形成が悪いと、胎児の成長に大きく影響します。

母体の低血糖や脱水によって胎盤形成がうまくいかず、流産するかもしれません。

絶食に限らず、「著しいやせ」のある方にも、上記のことがあてはまります。

胎児にとって、母親の口にするものと母体そのものが栄養源です。

摂食障害のために母親に「やせ」がある場合、母親のやせた身体は栄養源として不十分でしょう。

「つわり」などで赤ちゃんに影響が出ないのは、妊娠までの母親の栄養状態が良かった場合、と考えてください。

やせのある妊婦さんが、「つわり」などで一時的にものが食べられなくなったら、あっというまに胎児を養えなくなるかもしれません。

摂食障害は上手に栄養が摂れない病気です。

摂食障害が若年発症・慢性化している場合、栄養不良の状態はその女性の内臓や骨はもちろん、卵子をも確実に蝕んでいるでしょう。

母親に摂食障害がある場合、この時期に起こりうる危険は以下のようなものです。

胎児の成長・胎盤形成がうまくいかず流産する危険がある。

胎盤形成が不十分になると、のちの胎児の成長が妨げられ、子宮内胎児発育不全となる可能性がある。