摂食障害のホームページ

カテゴリ : 【07】摂食障害 質問集

【7】 便秘によいお茶について

20年以上、摂食障害の症状に苦しむ30代の女性から、以下のような質問がありました。

市販の下剤の使用がなくても、便秘によいお茶を使っている女性は意外と多いのかもしれません。

Q)

10年間市販の下剤を毎日飲んでいました。

思い立って止めましたが、その直後の便秘がとてもひどく、下剤のかわりに『便秘によいお茶』を飲み始めました。

『便秘によいお茶』は、自然界にある植物から出来ているそうです。

植物由来のものですし、市販の下剤をやめられているので、だいじょうぶですよね?

(30代女性/過食嘔吐)

A)

残念ながら、「だいじょうぶ」と言えません。

下剤には、作用のしかたから分類すると、大腸刺激性下剤というものがあります。

センナ、センノシド、ダイオウ、ビコスルファート、ビサコジル、アロエなどです。

大腸刺激性下剤は、習慣的に使用することで、強い副作用が起こる危険性が高いものです。

その副作用の強さから、一時的な使用が原則となっています。

市販の下剤の多くが、大腸刺激性下剤を含みます。

生薬由来である漢方も、大腸刺激性下剤を含むことがあります。

当然、便秘によいお茶も、大腸刺激性下剤を含むことがあります。

あなたが飲むお茶に上記の大腸刺激性下剤の成分が含まれているかどうか調べてみてください。

かんたんに手に入るものだからといって、安全とはいえません。

あなたが飲むお茶に大腸刺激性下剤が含まれるとしたら、おそらく、徐々に服用量が増えているでしょう。

大腸刺激性下剤は、その副作用のために徐々に服用量を増やさなければ効かなくなる特性を持ちます。

思い出してみてください。

以前は3日に一度だったのが、2日に一度になっていませんか?

煮出す量が、徐々に増えていませんか?

過食嘔吐やチューイングで顔がまるく大きくなる?

質問)
 
過食嘔吐やチューイングで、顔がまるくなるのはどうしてですか?

考察)
 
顔のまるみが増す原因として、耳下腺・顎下腺の腫れが考えられます。

「おたふくかぜ」は、おたふくかぜウィルスに感染し、急性期に耳下腺が腫れる病気です。

耳下腺が腫れると、「おたふくかぜ」の名前の由来でもある、しもぶくれの「おたふくさん」のようになります。

おたふくかぜとしくみは違いますが、摂食障害でも耳下腺が腫れることで顔がまるく大きくみえることがあります。

耳たぶの下からあごのあたりにかけて、耳下腺はあります。

左右の耳下腺が腫れると、耳たぶの下からあごにかけてふっくらするので、顔がまるく大きく見えます。

顎下腺は下あごのあたりにあります。

顎下腺が腫れると下あごがふっくらするので、これも、顔がまるく大きく見えます。

嘔吐やチューイングでは「著しいやせ」を伴うことも多く、身体はほっそりとしています。

それに比較して、耳下腺や顎下腺が腫れた顔が、よりまるく、大きく見えてしまうのでしょう。

吐きダコを根本から無くすには

摂食障害で耳下腺が腫れるしくみ ① 耳下腺とは?

過食嘔吐・チューイングで顔が腫れて大きく見えることがままあります。

嘔吐やチューイングによって、耳下腺や顎下腺が腫れるためです。

「過食嘔吐やチューイングで、顔が腫れたり、まるくなるってどういうこと?」

「嘔吐やチューイングをするとなぜ耳下腺が腫れるの?」

こういった質問もよく耳にします。

それにはまず、耳下腺がどういう器官なのかを説明しましょう。

耳下腺は、唾液を産生する唾液腺という器官です。

左右の耳たぶの下からあごのあたりに、耳下腺があります。

耳下腺で作られた唾液は、1本のクダに集まります。

そのクダが、顔まわりの筋肉をまたいだり、つらいぬいたりして、口の中の出口(耳下腺開口部)につながります。

その耳下腺開口部から、耳下腺で産生された唾液が、口の中に分泌されるわけです。

耳下腺開口部は上の歯の奥歯の外側の頬粘膜にあります。

その部分は、耳下腺乳頭ともいいます。

左右にひとつずつ耳下腺がありますので、耳下腺開口部も左右の頬粘膜にひとつずつあります。

【7】 Q 妊娠していますが、過食嘔吐が止まりません・・・

Q 妊娠していますが、過食嘔吐が止まりません。
 「妊娠中の過食嘔吐は危険」というサイトもあれば、「意外と大丈夫」というサイトもあります。
 「意外と大丈夫」というサイトを見ると安心するので、そちらを信用したくなるのですが・・・。
(30代女性、過食嘔吐)

A
 摂食障害を患っている女性が、何の問題もなく健康な赤ちゃんを産むことは奇跡に近いことです。
 もし、幸運なことに問題なくお産を終えたとしても、後々になって赤ちゃんに影響が出る場合があります。
 このブログの妊娠についての記事をよく読んでみてください。

【7】 Q 過食症ですが、糖尿病も心配です。

Q 私は過食症です。
 私の母が2型糖尿病で、数年前に脳梗塞を発症しました。今では意志の疎通もできず、長期入院を余儀なくされています。
 過食するたびに、自分も母のようになるのでは?と心配でたまりません。
 定期的に内科を受診し、血液検査で糖尿病のチェックをしてもらっていますが・・・。
(30代女性、過食)

A
 お母様が2型糖尿病であるということは、たしかに、娘であるあなたも2型糖尿病になりやすい体質が受け継がれているものと思われます。
 2型糖尿病は、かつて成人型糖尿病とも言われ、その発症に環境因子、遺伝因子が関わっています。

 両親のどちらかが2型糖尿病であるということは、その子どもであるあなたに2型糖尿病の遺伝因子があるということです。
 また、2型糖尿病の環境因子として、過食、ストレス、子宮内低栄養(低出生体重児)などがあります。
 
 以上のことから、あなたが過食症であることで、2型糖尿病をより早い段階で発症したり、発症してからは病状が悪化しやすい危険があります。

 過食症の患者さんに糖尿病を発症した場合、糖尿病の治療は非常に難しいものとなります。
 糖尿病の治療の大きな柱は、食事制限などの食事療法です。
 一方で、過食症はそもそも食べることがコントロールできない病気です。
 糖尿病の治療として食事制限が必要であっても、食事制限によって過食衝動が刺激され、かえって過食が誘発されたりします。
 糖尿病の治療としての食事制限は過食症の病状を悪化させ症状の増加をまねき、結果として増えた過食が糖尿病の病状を悪化させます。

 過食症と糖尿病は、お互いがお互いの病状を悪化させてしまう、最悪の取り合わせなのです。

 糖尿病を発症していたとしても、していなかったとしても、まずは過食症の過食衝動をなんとかするのが最優先です。
 糖尿病を発症する前に過食衝動をなくすことができれば、糖尿病の発症はずっと先のことになるでしょうし、発症しないで済むかもしれません。
 
 もし糖尿病を発症したとしても、過食衝動がない状態で食事療法に取り組むのと、過食衝動に振り回された状態で食事療法に取り組むのとでは、天国と地獄ほどの違いがあります。

 あなたが糖尿病や糖尿病による合併症が心配なのであれば、一刻も早く過食症を治しましょう。
 過食衝動を無くすことで、糖尿病の発症を遅らせるか、そもそも発症せずにすむかもしれません。

 糖尿病を発症していたとしても、まずは過食衝動を無くすことです。
 過食衝動がある状態で、糖尿病に必要な食事療法を行っても、過食症も糖尿病もお互いに悪化していくでしょう。

 あなたが定期的に内科を受診し、しかるべき検査を受けていることは、それはそれで大切なことだと思います。
 あなたは、内科の医師に、自分自身の過食症について伝えていますか?
 糖尿病が心配で内科に通院しているであれば、2型糖尿病の発症に関わる「過食」についても話しておいた方がいいでしょう。