摂食障害(過食症・過食嘔吐)のホームページ



【7】-2 過食嘔吐やチューイングで顔がまるく大きくなる?

Q)過食嘔吐やチューイングで、顔がまるくなるのはどうしてですか?

A)顔のまるみが増す原因として、耳下腺・顎下腺の腫れが考えられます。

「おたふくかぜ」は、おたふくかぜウィルスに感染し、急性期に耳下腺が腫れる病気です。
耳下腺が腫れると、「おたふくかぜ」の名前の由来でもある、しもぶくれの「おたふくさん」のようになります。
おたふくかぜとしくみは違いますが、摂食障害でも耳下腺が腫れることで顔がまるく大きくみえることがあります。
耳たぶの下からあごのあたりにかけて、耳下腺はあります。
左右の耳下腺が腫れると、耳たぶの下からあごにかけてふっくらするので、顔がまるく大きく見えます。
顎下腺は下あごのあたりにあります。

顎下腺が腫れると下あごがふっくらするので、これも、顔がまるく大きく見えます。
嘔吐やチューイングでは「著しいやせ」を伴うことも多く、身体はほっそりとしています。
それに比較して、耳下腺や顎下腺が腫れた顔が、よりまるく、大きく見えてしまうのでしょう。

耳下腺とは?

詳しくは【08】耳下腺が腫れるしくみを読んでください。