摂食障害のホームページ

*

タグ : 診断

【13】-1 摂食障害の症状・徴候における最大の共通項 病識の欠如

摂食障害、過食症の症状、病型は様々です

過食、過食嘔吐、普通食嘔吐、チューブ吐き、チューイング、拒食、摂食制限、過度な食事コントロールなど、食べ物や食べることにまつわる症状だけでも多種多様です。

食べ物にまつわる症状以外にも、過剰な運動、下剤・浣腸・利尿剤など薬物の誤用、瀉血(しゃけつ:自分で自分の血液を抜くこと)など、やせ衝動や排出衝動に根差した症状もあります。

その病型も、神経性やせ症(神経性無食欲症)、神経性大食症(神経性過食症)、過食性障害(むちゃ食い障害)など複数あります。

そんななか、食べ物・食べ方や体重・体型にまつわること以外で、摂食障害、過食症のほとんどすべての方に共通する、非常に特徴的な症候があります。

それは、病気であることの自覚(病識)が低い、あるいは無いこと、そして、病気の深刻さが分からないことです。

専門的に言うと、摂食障害、過食症は、病識が欠如しているか非常に乏しく、病気の深刻さの認識が持続的に欠如した状態です。

病識の欠如に関しては、制限型の神経性やせ症(神経性無食欲症)、拒食症で特に問題視されることが多いかもしれません。

現に、神経性やせ症(神経性無食欲症)の診断基準には、「現在の低体重の深刻さに対する認識の持続的欠如」という、病識の乏しさを指し示す項目があります。

この診断基準の、「現在の低体重」を、「摂食障害、過食症という病気」と置き換えてみます。

「摂食障害、過食症という病気の深刻さに対する認識の持続的欠如」となります。

これは、拒食症、神経性やせ症に限らず、摂食障害、過食症全体に共通して見られる大きな特徴を表した一文です。

病識の欠如、乏しさ、病気の深刻さの認識の持続的欠如は、摂食障害全般に見られる、最大の共通項とさえ言えるかもしれません。

【11】-1 摂食障害と依存症 摂食障害は依存症でもある

摂食障害・過食症は、食べることをコントロールできない病気です。

また、時とともに食べ物の量や過食・過食嘔吐に要する時間が増えていきます。

これは、依存症における依存行為・物質に「耐性がつく」という現象です。

そのうち、生活全般が食べ物中心に回るようになり、食べ物や食事、過食、過食嘔吐、チューイングに振り回されていくことになります。

これらの摂食障害・過食症の特徴は、国際的診断基準であるICD-10に示されている依存症の特徴そのものです。

世界保健機構が手掛けたICD-10と米国精神医学会が刊行するDSM-5は、精神疾患の診断基準の双璧です。

【2】-2 低体重の慢性化

診断基準から、神経性食欲不振症には低体重を伴っています。
そして、その身体的不都合の多くは低体重に起因します。

もちろん、病気を根本から治して「やせ衝動」をなくせば、苦労なく体重を増やすことができるようになるでしょう。

残念なことに、摂食障害医療の現状はといえば、病気の原因もはっきりしておらず、治療の確立もままならない状態です。

やせていること自体が病気の症状である神経性食欲不振症の患者さんに、今の医療は何ができるのでしょうか。

飢餓症候群というモデルがあります。

やせていることによって食べ物への執着が強くなり、
心理面でもイライラしやすかったり、
視野が狭くなり頑なになりやすかったりする、
というものです。

現在の医療では、この飢餓症候群というモデルにのっとって、
とにかく、まずは体重を増やす方向で治療に取り組んでいるようです。

どうにかして体重が増えてくれば、心理面でのイライラや頑なになる傾向が軽快して、
さらに治療に反応しやすくなるという考えです。

摂食障害の患者さんにとって体重を無理やりにでも増やすことは、強い心理的苦痛を伴います。

よほどうまく事が運ばないと、医療従事者と患者さんとの関係悪化も起こりうるでしょう。

このような治療の難しさも関係しているのでしょう。

摂食障害の患者さんの中には長期間著しい低体重の状態で過ごしている方もいます。

現在の医療は、
このような患者さん方に対しては、
どのような対応をしているのでしょう。

まさか、医療従事者たるもの、
「体重を増やせないのは患者の責任だから仕方が無いよ。」
とは思っていないでしょう。

【2】-1 やせ衝動

神経性食欲不振症(拒食症)の診断基準(DSM-5)には、
「体重増加や肥満への強い恐怖」
「体重や体型の感じ方の障害」
という表現があります。

神経性過食症(過食症)の診断基準には、
「体重増加を防ぐために自己誘発性嘔吐、下剤や浣腸剤、利尿剤の誤用あるいは激しい運動などを繰り返し行う。」
「自己評価は、体重や体型に過度に影響を受けている。」
という表現があります。

過食性障害(むちゃ食い障害)の診断基準には、
「過食に関して明白な苦痛がある。」という表現があり、
ここには、体重が増えることに対する嫌悪の感情が少なからず含まれていると考えられます。

摂食障害の患者さんにとって、「太ること」は、恐怖、不安、嫌悪など、
ありとあらゆる不愉快な感情を引き起こす出来事です。

神経性過食症では、この不快な感情を感じないために代償行動が起きるという面もあるでしょう。
摂食障害では、神経性食欲不振症から神経性過食症への移行など、
病態が推移することがよくあります。

私にも「神経性食欲不振症、摂食制限型」の時期がありました。

体重計に乗った時に体重が減っていると、とても安心したことをよく覚えています。
摂食障害をかじったことのある医療従事者であれば、
「拒食症」というと「肥満恐怖」「やせへの希求」という言葉が思い浮かぶでしょう。

「肥満恐怖」「やせへの希求」は、「やせ衝動」とも言えるのではないでしょうか。

「衝動」は自らの意志でコントロールすることができません。

摂食障害の患者さんには、どの病型であろうと、多かれ少なかれ「やせ衝動」があると考えられます。

やせ衝動がありながら、
過食衝動に伴う過食や過食嘔吐もあるので、
摂食障害を患っている人の体型はさまざまです。

  • 1