摂食障害のホームページ

*

タグ : 妊娠中毒症

【9】-4 妊娠にふさわしい体格・体重増加 ③ 「ゆるやかな指導」が趨勢

新生児の出生体重はこの20年間減少の一途をたどってきました。

このことは、すべての妊娠女性において妊娠中の体重増加量が減少していることと関係があるはずです。

日本では、過去の妊婦健診指導で、かなりストイックに妊婦さんの体重管理が行われてきた経緯があります。

妊娠中の体重増加と妊娠高血圧腎症(かつての妊娠中毒症)との関連が強調されていたためです。

妊娠中の体重増加量が多すぎると、妊娠高血圧症候群(妊娠高血圧腎症を含む概念)の発症率が上がることは事実です。

しかし、妊娠中の体重増加量が少なすぎても、妊娠高血圧症候群の発症率が上がるのです。

妊娠中の体重増加を抑制しても、妊娠高血圧症候群を予防できない、といわれています。

現在、妊娠高血圧腎症のリスク因子としてはっきりしているのは、母体が高年齢であることと、腎疾患の既往があることです。

すべての妊婦さんに、ストイックに妊娠中の体重管理をすることはナンセンスです。

意味がないどころか、妊娠中の体重増加不良が子宮内の低栄養を招くことを考えれば、有害とすらいえます。

実際の臨床の場では、妊娠中の母体の体重増加に関して、さまざまな方針の産婦人科があることでしょう。

しかし、妊婦さんの妊娠中の体重管理に関して「ゆるやかな指導」を行うことが現在の流れです。

海外では、妊娠に伴う体重増加の上限を、特に設けていない医療圏もあるほどです。

母親に、妊娠に伴う負担を背負うだけの余力が十分あれば、本来は体重が多少増えすぎても問題ないのでしょう。

【9】-2 妊娠中期 ~後期 妊娠高血圧症候群 ⑨ 摂食障害とのカンケイ その1

摂食障害の女性が妊娠した時に、妊娠高血圧症候群を合併しやすいことが知られています。

なぜ摂食障害の女性は、妊娠高血圧症候群を合併しやすいのでしょう。

妊娠高血圧症候群の中でも妊娠高血圧腎症(かつての妊娠中毒症)になりやすいリスク因子があります。

はっきりしているものは、40歳以上の高齢妊娠であること、腎疾患を患っていることです。

妊娠前に肥満があると、妊娠高血圧症候群を発症しやすくなることも知られています。

過食があれば妊娠前に肥満体型となっている場合もあるでしょう。

過食の果てに糖尿病を患っていれば、糖尿病性腎症を合併している場合もあるでしょう。

妊娠前の肥満体型、糖尿病性腎症は妊娠高血圧症候群を誘発する因子です。

【9】-2 妊娠中期 ~後期 妊娠高血圧症候群 ① 概要 その1

摂食障害の妊婦さんは、いくつかの妊娠合併症を起こしやすいことが知られています。

その中のひとつに妊娠高血圧症候群があります。

妊娠高血圧症候群は、産婦人科医であれば一般臨床の場で必ず遭遇します。

そして最も慎重な管理を要する産科疾患のひとつでしょう。

妊娠高血圧症候群では、妊娠をきっかけとして母親が高血圧や蛋白尿を呈します。

妊娠高血圧症候群の中でも、妊娠高血圧腎症に分類されるものが、かつての妊娠中毒症です。

【9】-2 ① 妊娠中期 ~後期

妊娠中期は、妊娠16~28週未満を指します。

妊娠後期は、妊娠28週以後を指します。

一般的に妊娠37週以後の産み月を臨月といいます。

妊娠中期~後期は、胎盤がひとつの臓器としてフル回転し、胎児が成長・成熟していく段階です。

胎盤のおかげで、胎児の成長は飛躍的に促されます。

妊娠全経過で、母体に望ましい体重増加があります。

妊娠初期よりも妊娠中期以後での体重増加がより増すのが、正常な妊娠経過です。

胎盤の完成が母体の体重増加にも寄与しているのでしょう。

母体は、胎盤を通して胎児の呼吸・循環、栄養を一手に担います。

妊娠は母体にとって、人生におけるさまざまな疾患の負荷試験の場ともいわれます。

妊娠で母体の循環血液量が増え、心臓の負担が増します。

胎児により多くの糖を送るため、インスリン抵抗性が増すなど、母体の代謝系にも変化が起こります。

その母体にとって、妊娠による負担が大きすぎる場合、妊娠糖尿病などの妊娠合併症が起こります。

妊娠中期以後は胎盤の完成に伴い、妊娠による負担が母体に大きくのしかかってくる時期です。

妊娠による負担が大きすぎて母体が耐えられなくなると、さまざまな不都合が生じてきます。

妊娠中期以降は、妊娠高血圧症候群(かつての妊娠中毒症)、妊娠糖尿病、切迫早産(妊娠37週未満の出産の危険)、子宮内胎児発育不全など、比較的頻度が高い妊娠合併症が明らかとなる時期です。

また常位胎盤早期剝離という、母児ともに死亡率が高く、重篤な合併症が起こりうる時期でもあります。

【3】-1 摂食障害女性の妊娠 母体への影響⑤

摂食障害には、
やせ衝動、過食衝動があります。

やせ衝動も過食衝動も、
患者さんの意志の力でコントロールできるものではありません。

摂食障害の方が妊娠すると、やせ衝動により 妊娠しても体重を増やせないことがあります。

母体の体重が順調に増えないと
おなかの子どもをささえる胎盤の成長に影響し、おなかの子どもが栄養不足に陥る危険があります。

胎盤が十分成長できなければ、流産にもつながるでしょう。

母体の体重が十分に増えないケースがある一方で、
過食衝動によって、母体の体重が増えすぎてしまうケースもあるでしょう。

母体の体重が増えすぎてしまうと、妊娠中毒症などのリスクとなります。

妊娠中毒症は母児ともに危険にさらされることのある妊娠合併症です。

妊娠で体重が適度に増えることは、
母体の生命の安全のため、おなかの子どもの健やかな成長のために必要不可欠なことなのです。

摂食障害を抱えた上での妊娠は、
母体の体重が増やせなかったり、逆に増えすぎたり、など、
母体の体重管理にも困難を伴います。

  • 1