摂食障害のホームページ

*

タグ : 医療関連

【4】-2 過食や過食嘔吐など症状を減らすための薬?

摂食障害関連の書籍には、過食や過食嘔吐の症状を減らす可能性のある薬として、「エビデンス」のあるものが紹介されています。

私は医学生時代に、「EBM(イービーエム)」という言葉を習いました。
「Evidence(エビデンス) based medicine」「科学的論拠に基づいた医療」、という言葉です。

この「エビデンス」に基づいて、抗うつ剤の一種であるSSRIや抗てんかん剤の一種が過食や過食嘔吐を減らす可能性のある薬として、摂食障害関連の書籍にも載っています。
実際に処方を受けている摂食障害の方もいるでしょう。
EBMにのっとった薬物治療とは、その薬物には効果があるという科学的証拠があるということです。

エビデンス、科学的論拠とは何でしょうか。
まず、的確にデザインされた臨床研究でもって薬の効果を比較します。

摂食障害の場合であれば、摂食障害を患っている方々を集めて、効果の期待される薬を飲む群と、プラセボという偽薬を飲む群とに分けます。
ある一定期間、薬を使用して過食や過食嘔吐の症状がどうなったかを、効果を期待される薬を飲んだ群と、偽薬を飲んだ群とで比較する、ということです。
摂食障害に関する薬の研究論文では、薬を使用している期間が3カ月前後のものが多く、短い期間で効果判定が行われているようです。

私は12年間過食嘔吐をしてきました。
摂食障害を患っている人の中で、症状が3カ月未満の人はむしろ少数派でしょう。
年余にわたる症状には依存症特有の経年増加による増悪はあるでしょうが、短期間の症状の変動はあってしかるべきと考えます。

症状が年余に渡ることもある、いわば慢性の病である摂食障害に対して、数か月程度の薬物治療の研究論文はどれほどの科学的論拠となるのでしょう。
摂食障害に使用しうる薬に関して、長期投与の有効性と弊害について検討した良質な研究が待たれます。

つまり、摂食障害の過食や過食嘔吐の症状に効果のある薬とは、あくまでも、その可能性がある薬ということで、有効性は定かではありません。
摂食障害関連の書籍をある程度読めば、摂食障害を治す薬が存在しないことはすぐに分かることです。
それと同様に、摂食障害の症状である過食や過食嘔吐、チューイングなどの症状を減らす、無くすことができる薬も、どうやら無いのではないか、と私は思います。

【3】-6 医療従事者の方へ

摂食障害を合併した状態での妊娠・出産・子育てに対して、医療の入念なフォローアップが必要であることは、異論のないことと思います。

摂食障害を治すことを渇望している、若い女性から聞いた話です。

彼女は過食嘔吐に悩み、何ヵ所かの精神科、心療内科を受診しました。

彼女は、そのうちの一つのクリニックの医師から、「あなたはまだまだ若いんだから大丈夫。子どもでも産んで育てているうちに、そのうち過食嘔吐なんて無くなっちゃうよ。」と、言われたそうです。

摂食障害が慢性化しうる難病であること、摂食障害を抱えた上での妊娠・出産・子育ての大変さを知っていれば、口が裂けても言えない言葉です。

残念なことですが、摂食障害を診ることのある医療従事者の側に、摂食障害に関する正しい知識の有無、治療の経験値や力量に、かなりの差があるのが現状のようです。

もし、私が彼女を診たとしたら、決して妊娠をあおるような言葉は言いません。

彼女がその言葉を鵜呑みにして、のちのち止まらない過食や過食嘔吐、チューイングに苦しんでも、責任が取れないからです。

妊娠に関することは個人の自由です。

私たちには、自分で責任を取るならば、自らの意志で行動する自由があります。

摂食障害を抱えながらの妊娠・出産・子育てには、
大きな困難が伴い、妊娠・出産・子育てに伴うストレスは、摂食障害の病状をより悪化させうるものです。

摂食障害が治るまで、少なくとも過食や過食嘔吐、チューイングなどの症状が出ている間は、避妊をするなど、妊娠を避けた方が良いと、私は考えています。

摂食障害を診ることがある医師という立場から、摂食障害女性の妊娠、出産、子育てについて、あなたは、どう考えていますか?

【3】-4 摂食障害と子育て その3

これらのことから、
摂食障害の女性が妊娠・出産・子育てを行う場合、
心理的、身体的な医療サポートがいかに必要であるかが分かると思います。

さらには、
摂食障害の女性、その子ども、家族に対して、
福祉などの社会的なサポートが必要です。

「母親」は子育てに関しては、どうしても責任の集中しやすいポジションです。

摂食障害を抱えながらその責任を果たすのはとても大変なことですが、
社会的なサポートがあれば子育ての負担をある程度軽減できるでしょう。

摂食障害を抱えながらの子育てには、
母親のうつ病・不安障害の併発や、
子どもへの虐待やネグレクトのリスクがあるなど、
大きな困難を伴います。

病気の状態の母親を社会が支え守ることは、
結果的にその子どもや家族を守ることにつながります。

周囲の人々の健康な関心が、
虐待やネグレクトを予防してくれます。

【2】-3 低体重への医療の対応 その4 閑話休題

「過ぎたるは及ばざるがごとし」というコトワザがあります。

医療従事者であれば、
自分が行う医療行為について、
「足りない」か、
「ちょうどよい」か、
「やりすぎ」か、
迷ったことがあると思います。

その試行錯誤こそがその時点での最高の医療行為につながると私は思います。

【2】-3 低体重への医療の対応 その3 ビタミンやミネラルの補充

人間にとって色んな種類の食べ物を適量食べることは、何にも勝る栄養管理法だと思います。

しかし、摂食障害によってそれが叶わない時に、
患者さんに合わせたビタミンやミネラルの処方は、非常に重要で有益と思われます。

著しい低体重を伴う場合は、特にそうです。

BMI16未満の慢性期の神経性食欲不振症の患者さんがいたとします。

BMI16未満でいる期間が長ければ長いほど、骨粗しょう症のリスクが大きくなります。

低体重による骨密度の低下の一番の治療法は体重増加です。

それが叶わない時に、
ビタミンDやビタミンK、女性ホルモン治療について検討し、
利益と不利益を踏まえたうえでどうしていくか、患者さん個人の状態も含めて考えるということが、
医師を含めた医療従事者の仕事の一つだと思います。

ビタミンDやビタミンKは脂溶性ビタミンであり、過剰な服用は中毒症状をまねく場合がありますので、
これらの栄養管理には医療の介入が必要でしょう。