摂食障害のホームページ

*

タグ : 下剤

【15】-2 摂食障害医療 過食・過食嘔吐・チューイングへの取り組み ① 患者さんへの負担が大きすぎる医療の現状

摂食障害の専門的な治療では、過食・過食嘔吐・チューイングなど症状への具体的な取り組みはどうなっているのでしょう。

以下は、厚生労働省のホームページや、患者さんとご家族向けのハンドブック、日本摂食障害学会の監修する摂食障害治療ガイドライン、医師や医療従事者向けの参考書・専門書から抜粋した文章です。

厚生労働省のホームページ、患者さん向けのハンドブックは、摂食障害を抱える患者さんやご家族に正確な情報を提供するためのものです。

摂食障害治療ガイドラインや医学用専門書は、摂食障害医療の質の向上のため、医師など専門家が利用するものです。

過食を止める方法はあるか
ベテランの治療者ですら、(中略)それに対する名案は持ち合わせていない。
(「摂食障害の最新治療」 p91 第5章 精神科の立場から より抜粋)

ご本人は「過食を止めたい」と希望することが多いですが、過食以外がほとんど絶食の状態で過食を止めるのは難しいことです。
最初は「過食ゼロ」よりも、食事の規則性やコントロール感を取り戻すことを目指します。
このために、毎日の生活パターンを把握し、生活のリズムを決めます。
その上で、薬物療法、心理療法(認知行動療法など)を行います。
(「摂食障害情報ポータルサイト 一般の方へ 摂食障害について 摂食障害はどんな病気? 神経性過食症 治療」より抜粋)

治療ってどう考えたらいいの?
治療のゴールは、「症状をゼロにする」というよりは、「まずは、自分の体に命の危険が及ぶことなく、日常生活でやりたいことをやりたいようにやっていくための適切な体重、食行動を維持する」と考えて取り組んでください。
(「摂食障害ハンドブック(東京大学医学部付属病院心療内科作成)」p 13)

BN(神経性大食症)の患者さんの場合、むちゃ食いを止めようとするのではなく、その前提にある”食事制限”することをいかにして減らすかが鍵となります。・・・規則正しい食事の獲得は、AN(神経性無食欲症)にもBNにもその回復に第一に必要となる基本です。
(「厚生労働省ホームページ みんなのメンタルヘルス 患者さんへのアドバイス」より抜粋)

4 栄養指導および栄養療法の指針 2) 外来での栄養指導
④ 自己嘔吐や下剤の乱用等の排出行為はさらにむちゃ食いを増長するので、排出行為を減らすよう指導する。
(「神経性食欲不振症のプライマリケアのためのガイドライン(2007年) 厚生労働省難治性疾患克服研究事業 中枢性摂食異常症に関する調査研究班」 より抜粋)

BN(神経性大食症)は、自分自身での症状への取り組みがなければ治療できない疾患です。
(「摂食障害治療ガイドライン」 p 77 第7章 さまざまな治療 7-1 セルフヘルプ援助 より抜粋)

このように、過食やむちゃ食いをすぐに止められる方法はなく、過食を減らしたければ、規則正しく食事をとること、食事制限を減らすなど、自分自身で症状に取り組むことが大切だと記されています。

1日3回、時間を決めて食事を摂り、1日2回の間食を摂り、過食後も食事を抜かないように、などが指導の一例です。

嘔吐行為、下剤や利尿剤の誤用に至っては、その害を患者さんに理解してもらうことで、減らしたりやめたりすることを促す、とあります。

これらがどんなに難しく、それこそ症状の増加をまねくほどストレスがかかり得ることか、経験者にしか分からないでしょう。

不規則な食事や絶食は過食を悪化させうること、嘔吐行為、下剤や利尿剤による身体への害など、病気に関する正しい知識を得ることは大切ですが、それでも症状がどうにもならないからこそ、病気なのです。

慢性・遷延化した摂食障害の患者さんでは、なおのこと、食事のリズムを整えたり、害を知ることで下剤をやめようとすることは、難しいでしょう。

なぜならば、そうした方が良いことは100も承知の方がほとんどだからです。

知っていても、できないから病気なのです。

患者さん自身に食行動の改善に取り組んでもらうことは、時に大きな負担となり、尋常ならざる努力を強いることになるでしょう。

ニュアンスを取り違えた患者さんが症状を我慢してしまえば、後の症状の爆発に苦しめられるのもまた患者さん自身です。

患者さんに多大な負担、努力を背負わせなければ、治療できないというのは、摂食障害がそういう病気だからなのではありません。

現状の治療体制の問題です。

治療する際に患者さんの負担を少しでも軽くするのは、摂食障害医療に携わる医療者、治療者が、取り組み続けるべき課題です。

【13】-1 摂食障害の症状・徴候における最大の共通項 病識の欠如

摂食障害、過食症の症状、病型は様々です

過食、過食嘔吐、普通食嘔吐、チューブ吐き、チューイング、拒食、摂食制限、過度な食事コントロールなど、食べ物や食べることにまつわる症状だけでも多種多様です。

食べ物にまつわる症状以外にも、過剰な運動、下剤・浣腸・利尿剤など薬物の誤用、瀉血(しゃけつ:自分で自分の血液を抜くこと)など、やせ衝動や排出衝動に根差した症状もあります。

その病型も、神経性やせ症(神経性無食欲症)、神経性大食症(神経性過食症)、過食性障害(むちゃ食い障害)など複数あります。

そんななか、食べ物・食べ方や体重・体型にまつわること以外で、摂食障害、過食症のほとんどすべての方に共通する、非常に特徴的な症候があります。

それは、病気であることの自覚(病識)が低い、あるいは無いこと、そして、病気の深刻さが分からないことです。

専門的に言うと、摂食障害、過食症は、病識が欠如しているか非常に乏しく、病気の深刻さの認識が持続的に欠如した状態です。

病識の欠如に関しては、制限型の神経性やせ症(神経性無食欲症)、拒食症で特に問題視されることが多いかもしれません。

現に、神経性やせ症(神経性無食欲症)の診断基準には、「現在の低体重の深刻さに対する認識の持続的欠如」という、病識の乏しさを指し示す項目があります。

この診断基準の、「現在の低体重」を、「摂食障害、過食症という病気」と置き換えてみます。

「摂食障害、過食症という病気の深刻さに対する認識の持続的欠如」となります。

これは、拒食症、神経性やせ症に限らず、摂食障害、過食症全体に共通して見られる大きな特徴を表した一文です。

病識の欠如、乏しさ、病気の深刻さの認識の持続的欠如は、摂食障害全般に見られる、最大の共通項とさえ言えるかもしれません。

【7】 過食のみはマシなのか

 過食嘔吐やチューイングが無い方々で、以下のように思っている方が多いようです。

Q)私は過食のみです。嘔吐が無いから、まだマシかな、と思うのですが。

A)
 あなたが、「過食のみ」の場合でも、DSM-5でいう過食性障害(むちゃ食い障害)である、とは言えません。
 過食後の絶食や極端な食事制限、過度な運動、下剤・利尿剤などの薬剤の誤用がある場合、DSM-5でいう神経性過食症や、神経性やせ症の過食排出型に相当するでしょう。
 過食嘔吐を主症状とする神経性過食症や神経性やせ症と同じ区分になるということです。

 まだマシかな、という考え方自体が、摂食障害の病的な心性であることを理解しましょう。
 過食衝動がある時点で、あなたが摂食障害という病気であることに変わりありません。
 摂食障害、中枢性摂食異常症は厚生労働省の定めた難病です。

 難病というひとつの枠組みのなかで、嘔吐していないからマシ、アルコール依存が無いからまだ大丈夫、などの比較は意味がありません。

 摂食障害は依存症としての特性もあります。適切な治療をせず放置すれば、依存する物質の種類・量がどんどん増えていくでしょう。
 自分自身を振り返れば、過食の症状だけを見ても、以前より増えていることが分かるはずです。増えていなければ依存するものが増えているかもしれません。
 数年前までは、アルコール依存症が無くても、今は毎日お酒を飲んでいるという方もいるはずです。

 「今は○○じゃないから大丈夫。」という安心材料は、未来のあなた自身が陥っている状態なのかもしれません。

 食行動異常の症状として、チューイングや嘔吐行為が無く、過食のみの場合、嘔吐・チューイングによる身体への負担はありません。
 しかし、過食による腹満感、腹痛、便通異常、過食後の異常な眠気など、過食そのものによる身体の負担はより大きくなります。
 過食が直接体重に反映されるため、肥満症、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病にもなりやすいでしょう。

 過食をすることで体重に直接影響するため、過食後の自責・抑うつ・罪悪感は、摂食障害の各病型のなかでも、過食のみの方が最も強いことでしょう。

【9】-1 ⑥ 妊娠初期・器官形成期 摂食障害、物質依存、下剤の誤用のカンケイ

胎児の重要臓器は妊娠10週までには形成されます。

胎児の重要臓器ができるまでの、妊娠3~8週は器官形成期ともいいます。

器官形成期は、母親が使用する外来の物質に非常に敏感で繊細な時期です。

母親がなにげなく摂っているような物が、胎児にとっては猛毒になることもあります。

摂食障害では、アルコールやタバコなどの物質依存を伴うことがよくあります。

私自身も、食べ物に依存する以外に、お酒、タバコへの依存がありました。

依存症患者が、複数の依存物質を必要とするのは、よくあることです。

アルコールや喫煙は、胎児に深刻な悪影響を及ぼします。

胎児の器官形成期にアルコールが作用すると、心奇形、脳奇形などが起こります。

アルコールには催奇形性があります。

これは少量のアルコール摂取でも引き起こされます。

タバコは胎児の成長に悪影響を及ぼすことで有名です。

タバコの作用で母体に血流障害が起きて、それが胎盤や胎児に影響するためでしょう。

タバコの成分であるニコチンは脳を興奮させる作用もあります。

脳に作用する物質が、胎児の器官形成期に、胎児の脳の形成に悪影響を及ぼさないわけがありません。

母親となる女性がタバコを吸っていると流産しやすいのは、ニコチンが胎児の臓器形成に悪影響を及ぼしているから、という場合もあるかもしれません。

胎児の重要臓器が形成される器官形成期を過ぎてから(妊娠10週頃)、妊娠に気付くケースは少なくありません。

妊娠に気付いてからお酒やたばこをやめても、時すでに遅しという場合もあるのです。

摂食障害では、下剤の乱用・誤用を伴うことも多く、そのほとんどが自己判断のもとに使用されています。

下剤は子宮収縮を促す場合があります。

自己判断で下剤を使用していると、流産する危険性があります。

お酒を飲む方、喫煙習慣のある方、自己判断で下剤を使用している方は、妊娠を希望する場合、まずそれらの物質をきっぱりとやめる必要があります。

摂食障害を患っている場合、すでにアルコール依存症やニコチン依存症になっている場合、依存しているものをやめることは、非常に難しいことです。

しかるべき治療機関に協力をあおぎましょう。

依存症は病識に乏しい病気です。

「いつでもやめられる」と思っている方こそ、止めようと思っても止められないことが多いでしょう。

どこかでそれを分かっているからこそ、止めようと思えないのかもしれません。

【7】 便秘によいお茶について

20年以上、摂食障害の症状に苦しむ30代の女性から、以下のような質問がありました。

市販の下剤の使用がなくても、便秘によいお茶を使っている女性は意外と多いのかもしれません。

Q)

10年間市販の下剤を毎日飲んでいました。

思い立って止めましたが、その直後の便秘がとてもひどく、下剤のかわりに『便秘によいお茶』を飲み始めました。

『便秘によいお茶』は、自然界にある植物から出来ているそうです。

植物由来のものですし、市販の下剤をやめられているので、だいじょうぶですよね?

(30代女性/過食嘔吐)

A)

残念ながら、「だいじょうぶ」と言えません。

下剤には、作用のしかたから分類すると、大腸刺激性下剤というものがあります。

センナ、センノシド、ダイオウ、ビコスルファート、ビサコジル、アロエなどです。

大腸刺激性下剤は、習慣的に使用することで、強い副作用が起こる危険性が高いものです。

その副作用の強さから、一時的な使用が原則となっています。

市販の下剤の多くが、大腸刺激性下剤を含みます。

生薬由来である漢方も、大腸刺激性下剤を含むことがあります。

当然、便秘によいお茶も、大腸刺激性下剤を含むことがあります。

あなたが飲むお茶に上記の大腸刺激性下剤の成分が含まれているかどうか調べてみてください。

かんたんに手に入るものだからといって、安全とはいえません。

あなたが飲むお茶に大腸刺激性下剤が含まれるとしたら、おそらく、徐々に服用量が増えているでしょう。

大腸刺激性下剤は、その副作用のために徐々に服用量を増やさなければ効かなくなる特性を持ちます。

思い出してみてください。

以前は3日に一度だったのが、2日に一度になっていませんか?

煮出す量が、徐々に増えていませんか?

  • 1