摂食障害のホームページ

*

タグ : 食事制限

【18】-6 便秘、むくみへとつながる「しくみ」

 過食と食事制限の繰り返しの悪循環によって、慢性的な便秘、からだがとてもむくみやすくなる、などの不都合もあります。

 過食の翌日にまぶたが腫れぼったくなり、顔がまるく大きく見えたり、足が太くなる、などからだに起こる変化は、その過食で一気に太ったからでありません。むしろ、過食の前にからだに食べ物・水分が充分行き渡っていないために、からだが貯めこみモードになっていて、その反動で過食の後にひどくむくむのです。過食をしたら顔がパンパンになって、それが嫌でその後よけいに食事を摂らない、というパターンは過食症によくあるパターンですが、結局次の過食の後に、よけいひどくむくむ結果につながるだけなのです。

 からだが貯めこみモードになっていると、便秘にもなります。その上、過食それ自体がからだのリズムをめちゃくちゃにし、自律神経のバランスを崩すので、便秘の原因となります。過食と食事制限はいずれも便秘の原因になるもので、それを繰り返していれば慢性的に便秘、ということは充分ありうることでしょう。

 過食後に下痢することもありますが、これは過食のせいで起こる消化管ホルモンの分泌異常によると思われ、これはこれでからだにダメージが加わっている状態です。

 節食傾向が強ければ強いほど、むくみも便秘もひどくなるでしょう。

【18】-5 突然死へとつながる「しくみ」

 過食の後の節食傾向が強ければ強いほど、次の過食のときにからだに生じる負担は大きく、時には命の危険まで出てきます。

 ひどい飢餓状態から爆発的な過食に至ると、死亡する危険があります。
 脱水、低栄養状態のきわみにあるからだに、いきなり水分、ミネラルが取り込まれることで、重大なミネラルバランスの異常(低カリウム血症、低リン血症)、体内水分バランスの異常が起こり、致死性不整脈、心不全となると突然死に至ります。
 その他、急性胃拡張から胃壊死や胃破裂が引き起こされて死亡する危険もあります。飢餓状態から、急にたくさんの食べ物がからだに入ってきて、胃がびっくりして動きがマヒした状態が急性胃拡張です。食べ物がつめこまれた胃が機能停止してしまい、腹満、腹痛が生じます。ひどい腹痛で苦しむことが多く、緊急で治療が必要になるでしょう。胃破裂や胃壊死を合併していれば、緊急的な手術も必要となります。
 過食と食事制限をくり返すとき、爆発的な過食で胃が尋常ではなく膨れ上がり、胃の入り口も出口も物理的にロックされたような状態になって急性胃拡張となる場合もあるでしょう。過食に伴う急性胃拡張でも、極限まで引き伸ばされた胃や大量につめ込まれた食べ物が胃の血流を圧迫して、胃が腐ってくる状態(胃壊死)や、胃が裂ける胃破裂を引き起こすこともあるでしょう。

【18】-4 婦人科疾患、妊娠合併症へとつながる「しくみ」

 無月経、稀発月経などの生理不順が摂食障害に合併しやすいことは、よく知られているでしょう。しかし、過食と食事制限が、不妊、流産、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群などの妊娠合併症にまで関連がありうることはあまり知られていないと思われます。

 過食と節食あるいは絶食のくり返しによって、高血糖、高インスリン血症、インスリン抵抗性の上昇、高脂血症、高血圧、内臓脂肪の蓄積が促進されうることは上述しました。
 近年、高インスリン血症、インスリン抵抗性の上昇が、無月経や稀発月経などの排卵障害、不妊、初期流産率の上昇など、女性の性周期、妊娠生理に重大な影響を及ぼすことが分かってきました。 
 原因不明の不妊症や初期流産の背景に、過食と食事制限のくり返しによって培われてしまった体質があるかもしれず、それはつまり、不妊や流産の背後に摂食障害・過食症・拒食症が隠れている可能性があるということです。

 過食と食事制限のくり返しに伴い、からだにインスリン抵抗性の上昇、という体質がついてしまうと、2型糖尿病を発症しやすくなる他、妊娠をのぞんでいても妊娠しにくい、将来妊娠した時に流産しやすい、なんとか妊娠を維持できても妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群を合併しやすい、などの婦人科疾患、妊娠合併症へとつながっていくのです。

 PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)という、不妊症の原因としてよく知られる婦人科特有の病気があります。PCOSの原因ははっきりしていませんが、その病気のしくみには、内臓脂肪型肥満や、インスリン抵抗性の上昇が深く関わっています。もしかするとPCOSに悩む女性のなかには、過食と食事制限をくり返しているような摂食障害・過食症の一群が含まれているかもしれません。

 過食と食事制限のくり返しによって、なんとか見た目を取り繕えていても、からだのなかはボロボロです。そのからだの変化は女性としての未来まで大きく変えてしまうものです。

【18】-3 糖尿病を含む生活習慣病・メタボリック症候群へとつながる「しくみ」 太っていなくてもなる?!

 糖尿病や生活習慣病の発症については、過食をしている患者さん本人が、なんとなく意識しているかもしれません。そして、なかには、太らなければ大丈夫、と思っている方もいるのではないでしょうか。医学の知識があっても、かつて私も同じように考えていました。
 しかし、もともとインスリン分泌能の低い日本人の体質に加え、過食と食事制限のくり返しには、普通の人ではまず起こらない、からだの血糖コントロールの乱れが生じます。

 そのため、たとえ太っていなくても、過食と食事制限をくり返していれば、2型糖尿病、その他メタボリック症候群を発症する危険性は充分に高いでしょう。

 過食と食事制限のくり返しによって、体内では過栄養状態と飢餓状態が定期的に交互にやってくることになり、それがからだの糖代謝を狂わせ、高血糖、高インスリン血症、インスリン抵抗性の上昇をまねくことになります。
 過食による高血糖は、過食の前にからだが飢餓状態に陥っているほど起こりやすくなるでしょう。飢餓状態になったからだが糖の替わりとして用いる脂肪酸は、からだのインスリン抵抗性を上げ、わずかな糖で体内の血糖を保っています。カテコラミン、糖質コルチコイドなど血糖を上げるためのホルモンも上昇しています。そんななかで、いきなりたくさんの食べ物がからだに取り込まれたら、一時的に高血糖になりやすいでしょうし、過食が消化管ホルモンの分泌異常をまねくと過剰な量の糖が血液中に取り込まれ、高血糖になる場合もあるでしょう。(早期ダンピング症候群様の病態)
 また、高血糖それ自体が、からだのインスリン抵抗性を上げるので、高血糖を経験すればするほど、からだはたやすく高血糖に傾くようになります。
 また、からだが飢餓状態のときには血糖を上げるためのホルモンである糖質コルチコイドというステロイドホルモンが上昇しますが、糖質コルチコイドはインスリン抵抗性を上げる作用がある他、高脂血症、高血圧、おなかまわりに脂肪がつきやすくなる、などの作用があります。糖質コルチコイドはストレスホルモンとしても知られ、ストレスによっても分泌が促されます。摂食障害の方にとって、過食衝動を抑えながら食事制限することは、大きなストレスです。そのストレスによっても糖質コルチコイドの分泌が増え、インスリン抵抗性の上昇、高脂血症、高血圧、内臓脂肪の蓄積が促進されうるでしょう。
 過食と食事制限(節食、絶食)のくり返しは、このようにして、糖尿病、高脂血症、高血圧、内臓脂肪の蓄積などの生活習慣病・メタボリック症候群へとつながるでしょう。

【18】-2 過食と食事制限をくり返すことで引き起こされる病気の数々

 過食と食事制限のくり返しによって引き起こされうる病気には、以下のようなものがあります。
① 糖尿病、高血圧、高脂血症、内臓脂肪型肥満など生活習慣病・メタボリック症候群。
② 生理不順(稀発月経、無月経)、不妊などの婦人科疾患、流産、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群などの妊娠合併症。
③ 致死性不整脈や急性胃拡張などによる突然死。
④ その他、便秘、むくみ。