摂食障害のホームページ

*

タグ : 便秘

【18】-6 便秘、むくみへとつながる「しくみ」

 過食と食事制限の繰り返しの悪循環によって、慢性的な便秘、からだがとてもむくみやすくなる、などの不都合もあります。

 過食の翌日にまぶたが腫れぼったくなり、顔がまるく大きく見えたり、足が太くなる、などからだに起こる変化は、その過食で一気に太ったからでありません。むしろ、過食の前にからだに食べ物・水分が充分行き渡っていないために、からだが貯めこみモードになっていて、その反動で過食の後にひどくむくむのです。過食をしたら顔がパンパンになって、それが嫌でその後よけいに食事を摂らない、というパターンは過食症によくあるパターンですが、結局次の過食の後に、よけいひどくむくむ結果につながるだけなのです。

 からだが貯めこみモードになっていると、便秘にもなります。その上、過食それ自体がからだのリズムをめちゃくちゃにし、自律神経のバランスを崩すので、便秘の原因となります。過食と食事制限はいずれも便秘の原因になるもので、それを繰り返していれば慢性的に便秘、ということは充分ありうることでしょう。

 過食後に下痢することもありますが、これは過食のせいで起こる消化管ホルモンの分泌異常によると思われ、これはこれでからだにダメージが加わっている状態です。

 節食傾向が強ければ強いほど、むくみも便秘もひどくなるでしょう。

【18】-2 過食と食事制限をくり返すことで引き起こされる病気の数々

 過食と食事制限のくり返しによって引き起こされうる病気には、以下のようなものがあります。
① 糖尿病、高血圧、高脂血症、内臓脂肪型肥満など生活習慣病・メタボリック症候群。
② 生理不順(稀発月経、無月経)、不妊などの婦人科疾患、流産、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群などの妊娠合併症。
③ 致死性不整脈や急性胃拡張などによる突然死。
④ その他、便秘、むくみ。

【17】-7 医療者が見つけるべき妊娠女性に特有の摂食障害・過食症・拒食症のサイン

妊娠前から「やせ」体型であったり、「肥満」体型である場合、摂食障害・過食症・拒食症の関与があるかもしれません。

いままでに極端にやせたことがあるかどうかなど、病歴聴取も重要です。

病院・医療機関に罹ったことがなくとも、「拒食症みたいな」状態になったことがある、「拒食っぽい」時期があった、という女性は案外多いかもしれません。

神経性やせ症、拒食症の回復後であっても、妊娠出産に及んだ時、おなかの赤ちゃんに低出生体重が多い、という研究結果があります。

これは、母体の過去のやせ、低体重によって、その方の卵子が悪影響を受けた結果である、と考えることもできます。

妊娠時、標準的な体格をしている女性でも、過去のやせの経験について確認しておくことは重要なことです。

また、妊娠中の体重増加のパターンが、ふつうから逸脱している場合も、 摂食障害・過食症・拒食症の可能性があるでしょう。

つまり、妊娠中なのに体重が増えない、増えすぎる、増え方のパターンがおかしい、などです。

飢えのない恵まれた環境で、目立った病気や妊娠合併症が無いのに、妊娠中も体重をうまく増やすことができていない妊婦さんは、摂食障害・過食症・拒食症と思われます。

摂食障害・過食症・拒食症であれば、妊娠しているときに、自分にとってもおなかの赤ちゃんにとっても、適切な体重増加がいかに重要なのかを知っていても、肥満恐怖ややせ衝動の影響で、うまく体重が増やせません。

しかも、肥満恐怖、やせ衝動をそれと意識できていない方も多く、本人としてはなんだか良く分からないけど増やせない、程度の認識のこともあります。

過食のスイッチが入るのを恐れ、食事をセーブしすぎて体重を増やせない場合もあるでしょう。

その逆に、過食が止められず、妊娠にふさわしくないほどに体重が増えすぎてしまうこともあるでしょう。

妊娠中の体重の増え方のパターンに、摂食障害としての特徴が表れる場合もあります。

ふつうの妊娠では、妊娠初期はゆるやかに体重が増え、中期ころからおなかの赤ちゃんの成長も活発になるため、それに合わせてより一層増える、という増え方になります。

母体がそういったなめらかな体重増加になっていない場合、そこに摂食障害・過食症・拒食症の関与があるかもしれません。

母親が摂食障害、過食症、拒食症であれば、妊娠中の体重の増え方のパターンは滑らかな曲線ではなく、ガタガタとしていて、妊娠時期にそぐわない不自然なパターンとなるでしょう。

たとえば、妊娠初期に過食衝動が爆発し、急激に体重が増えて、その後、肥満恐怖、やせ衝動が強くなり、全く体重を増やせなくなるなど、妊娠全経過でみればちゃんと体重が増えていたとしても、正常とは逸脱した形の、不自然な体重の変化となる場合があります。

妊娠時、貧血が重い場合に、母親が過食嘔吐していたり、下剤・便秘薬を常用、乱用している可能性があります。

過食嘔吐がある場合、食道炎の合併はほどんど必発で、そこからの出血の影響で失血性の貧血、鉄欠乏性貧血となりやすいでしょう。

また、便秘薬や下剤を常用していたり規定量以上に用いている場合、それによって腸が痛み、少しずつ出血していることがあり、下血による貧血を伴うことがあります。

つわりは妊娠初期にみられる妊娠合併症ですが、摂食障害・過食症・拒食症合併妊娠ではつわりが重くなりやすいことも知られており、重症妊娠悪阻では、摂食障害・過食症・拒食症の合併を疑う必要があります。

妊娠中にも関わらず、母体が下剤や便秘薬を規定量以上に使っていたり、利尿剤を使っている場合、たんぱく尿が出ることがあります。

下剤・便秘薬や利尿剤を使うと身体からカリウムという重要なミネラル成分が失われ、低カリウム血症に陥ることがあります。

低カリウム血症によって腎臓の尿細管という部分がダメージを受けると、たんぱく尿が出る、というわけです。

妊婦さんにたんぱく尿が出た時、その方の血清カリウムが低いのであれば、規定量以上の便秘薬・下剤の使用、利尿剤の使用があるかもしれません。

たんぱく尿や高血圧は妊娠高血圧症候群という妊娠合併症が心配されるサインでもあります。

摂食障害合併妊娠には妊娠高血圧症候群を合併しやすいことも分かっています。

また、過食や過食嘔吐によって血糖のコントロールが乱れるため、摂食障害・過食症の方は、2型糖尿病や、インスリン抵抗性をベースとしたさまざまな疾患に罹りやすくなることが予測されます。

インスリン抵抗性の高い母親は妊娠糖尿病になりやすく、摂食障害・過食症・拒食症合併妊娠では、妊娠糖尿病を合併しやすいでしょう。

妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などの妊娠合併症では、妊婦さんに摂食障害・過食症・拒食症(過食・排出型)の合併がありうるでしょう。

医療者側の心構えとして、特に重要になるのは、妊婦さんの摂食障害・過食症・拒食症を「暴く」のではなく、摂食障害を抱えた妊婦さんを可能な限りサポートする、という姿勢です。

母親が摂食障害・過食症・拒食症を患っているのであれば、おなかの赤ちゃんに良くないと分かっていても、過食・過食嘔吐・ チューイング・下剤や利尿剤の誤用を自分では止められませんし、コントロールできないものなのです。

時には吐くために赤ちゃんのいるおなかをギュウギュウ押してしまうこともあります。

産科医や周りの医療者に黙って、便秘薬・下剤、利尿剤を使ってしまう場合もあります。

慢性腎疾患の方が血尿やたんぱく尿を自分ではコントロールできないのと同様に、摂食障害・過食症の方には、過食・過食嘔吐・チューイング・下剤や利尿剤の誤用をコントロールすることができません。

そして、摂食障害・過食症・拒食症の恐ろしいところは、テキトウな理由でごまかして、当事者にもよく分らないまま、妊娠しているのに、うまく体重が増やせなかったり、どうしても吐いてしまう、下剤や利尿剤を使ってしまう、というところにあります。

病識に乏しいという病気としての特徴があり、やせ衝動、肥満恐怖、過食のスイッチが入るのが怖い、など、摂食障害に特徴的な症状、感じ方を、はっきり自覚できていない方も多いのです。

なぜ自分がこんなことになっているのかよく分らないまま、自分を責めることしかできず、 どんどん深みにはまっていくのが摂食障害・過食症・拒食症なのです。

おなかの赤ちゃんにとっても、母体である自分自身にとっても、いかに過食・過食嘔吐・チューイング・下剤や利尿剤の使用が危険なのかを理解していても、やめらなれない・とまらないのが摂食障害、過食症、過食嘔吐の病気の恐ろしさであり、病気たるゆえんです。

本来、摂食障害・過食症・拒食症を抱え、病気の状態で妊娠する前に、まず摂食障害を治すのが先です。

しかし、現実には、妊娠中に摂食障害・過食症・拒食症を発症する方もいますし、自分が病気だとは思わずに妊娠に至る方もいることでしょう。

そうしたとき、医療者としてできることは、摂食障害・過食症・拒食症などの病気を疑い、その可能性を考慮に入れながら患者さんを診療して行くことです。

診断後に何ができるかは、精神科医、カウンセラー、産科医、助産師、内科医、小児科医、保健士など、役割によって異なるでしょうが、それぞれの連携も必要になってきます。

産科の医師としてできることは、まず、摂食障害・過食症・拒食症合併妊娠が、決してカンタンなものではなく、数々の危険を孕むハイリスク妊娠である、と正しく認識することでしょう。

そして、妊娠という変化が加わったときの摂食障害・過食症・拒食症らしい症状について知り、数々のリスクが具体的にどういった妊娠合併症と結びついているのかを知ることです。

【17】-6 結婚・妊娠など人生の大きな節目の前に、目指すのは摂食障害・過食症・拒食症の完治

ふつうの人であれば、適宜、食べたい物を食べたいだけ食べ、それが日常生活、社会生活を邪魔することはありません。

ふつうの人にとって、食事というものは日々の楽しみとなったり、仲間と食事し家族と食卓を囲んで絆を深めるなど、むしろ日常生活、社会生活をより安定させ、人生をより味わい深いものにしてくれるものです。

ところが、摂食障害・過食症・神経性やせ症・拒食症では、過食衝動、やせ衝動のため、ふつうに食べる、みんなと食べるなど、ふつうの食行動を取れません。

深刻な人では、食べたい物を食べたい時に食べたいだけ食べていたら、1日中過食や過食嘔吐、チューイングが止まらず、日常生活、社会生活どころではなくなります。

大切な家族であっても、共に食事することができず、家族や仲間、大切な人と食事することがやすらぎにならない。

摂食障害はそういう病気なのです。

大人数での会食など、症状につながる恐怖の中、ふつうに見えるよう取り繕うのに大変で、仲間との絆を深めるどころの話ではありません。

動物でもある人間は、本来、妊娠で必要になる栄養素は、身体が求めるままに食べることで、自然に摂取できるものです。

医療・科学が発達するずっと前から、そうやって人類は繁栄してきました。

しかし、過食衝動ややせ衝動があっては、求めるままに食べれば過食衝動が暴走し、妊娠に望ましくないほどに急激に異常に体重が増えるでしょうし、やせ衝動が強まれば妊娠に必要な栄養素すら摂ることができなくなるでしょう。

妊娠する前から食べることをコントロールできず、自分自身の身体を健康に保てない状態で、どうして妊娠してうまくやれるでしょうか。

自覚に薄くとも、摂食障害・過食症・拒食症の妊婦さんはストレスの多い妊娠経過を余儀なくされます。

そこに過食・過食嘔吐・チューイング・下剤や便秘薬、利尿剤の誤用など、妊娠しても止められない症状があれば、身体への負担に加え、自責、罪悪感、抑うつ、不安など、心理的なストレスも大きくのしかかってきます。

妊娠中の過大なストレスは、流早産や常位胎盤早期剝離の発症率を上げます。

受精卵として発生してからずっと、おなかの赤ちゃんは、母親の臓器である子宮に包まれて育っていきます。

母親のおなかではぐくまれている間は、母親と赤ちゃんが最も密接な期間です。

妊娠合併症うんぬんはもとより、母親が大きなストレスを抱えて苦しんでいる状況がおなかの赤ちゃんに良いはずがないのです。

あなたがおなかの赤ちゃんだったら・・・
想像してみてください。
不安や恐怖、怒り、絶望感にゆれうごく揺り籠にゆられている気分はどんなものでしょう。

妊娠という大きな負荷に耐え、健康で頑丈な赤ちゃんを安全に産むには、摂食障害・過食症・拒食症を完治させることです。

少なくとも、過食衝動、やせ衝動を無くし、症状を楽に安定的に止めなければいけません。

さもなくば、妊娠期間も過食・過食嘔吐・チューイング・下剤、利尿剤の誤用に振り回され、妊娠に望ましい体重増加も果たせず、常位胎盤早期剝離など恐ろしい妊娠合併症に陥る危険があります。

過食衝動を無くせば、ガマンせず、安定的に過食・過食嘔吐・チューイング・下剤や利尿剤のあやまった使用を止めることができます。

我慢することなく過食・過食嘔吐・チューイングを止められれば、症状をがまんすることによるストレスや、症状に伴う罪悪感、自己嫌悪など辛い気持ちから解放されます。

過食衝動が無ければ、過食のスイッチにおびえることもなく、妊娠中、母児双方にとって望ましい体重の変化を達成しやすくもなるでしょう。

過食や過食嘔吐、下剤・便秘薬・利尿剤の乱用が医療者にいつバレるかと、妊婦健診、体重測定、尿検査、血液検査の当日やその前後を、びくびく、ひやひやして過ごしていませんか。

過食のスイッチに怯え、やせ衝動に支配され、何をどれだけ食べたらいいのか良く分らないまま、漠然とした不安、恐怖に苛まれながら過ごしていませんか。

血のにじむような努力とともに、数字上では母体として良好な体重増加を果たしていても、過大な心理的ストレスがかかってしまっては、早産のリスク、他の危険な妊娠合併症のリスクがいや増すだけです。

摂食障害・過食症・拒食症に侵された状態で妊娠するということは、個人として病気のリスクを背負うことに加え、母体としての摂食障害・過食症・拒食症合併妊娠のリスクを背負うことにもなります。

恐ろしいことに、その負荷は単なる足し算で済まされません。

妊娠を考えるのならば、その前に、摂食障害・過食症・拒食症を完治させましょう。

完治していれば、妊娠した母親として、身体が求めるままに、求める物を、求める分だけ食べることができます。

母親が心身ともに安定した状態で、安心して、幸せな妊娠時期を過ごすことこそ、おなかの赤ちゃんが健やかに成長し、生まれてからも丈夫で健康な体に恵まれるために必要不可欠なことです。

妊娠中に摂食障害・過食症・拒食症を発症した方、自分が病気だとは思わずに妊娠に至った方もいるでしょう。

そういった方が、まずすべきことは、一刻も早く、ガマンせずに、過食・過食嘔吐・チューイング・ 下剤や利尿剤の誤用を止める、止め続けることです。

医療ができること、できないことについて見極めましょう。

妊娠期間は10カ月ほどあります。

数日間過食嘔吐を我慢できない人が、妊娠しているからといって、280日連続で過食嘔吐を我慢できるわけがありません。

我慢できたとしても、むしろ、症状を我慢することによるストレスがつのり、それが妊娠経過を危険なものに変えかねません。

妊娠期間を乗り切ったとしても、それで終わりではなく、その先には、子育てに追われる日々が待っています。

妊娠のつわりと同様、子育てのストレスは、症状再発、増悪のきっかけのひとつです。

ガマンせずに症状を止めるには、過食衝動を無くすことです。

過食衝動を無くし、早く、楽に過食・過食嘔吐・チューイング・下剤や利尿剤の誤用を止めましょう、止め続けましょう。

楽に症状を止めたうえで、医療や地域、周囲から適切なサポートを受け、安らかに、妊娠経過を過ごすことです。

健康な女性にとっても、妊娠、出産、子育ては人生を大きく変えることもあるライフイベントです。

摂食障害・過食症・拒食症の状態で、妊娠、出産、子育てにのぞむのはやめた方が良いでしょう。

症状のせいで、自分自身にも後遺症が残る危険性もあり、まして、子どもにまで、後遺症が残り、一生ものの障害を背負わせることになったら・・・

後悔してもしきれない状況、責任をとることすらできない自分の状況に、あなたは耐えられますか。

結婚すれば、
妊娠すれば、
子どもが生まれれば、
過食や過食嘔吐など自分の悪い癖が治るのではないか、と期待する方はたくさんいますが、結婚しても、妊娠しても、子どもができても、摂食障害・過食症・ 拒食症が治ることは絶対にありません。

一時的に変化があったとしても、過食衝動を無くさない限り、いずれ再発します。

大きな人生の節目を迎える前に、摂食障害・過食症・拒食症を完治させることをお勧めします。

摂食障害を治さずにさまざまな人生の節目を迎え、家族を増やしていくことは、あなたの過食・過食嘔吐・チューイング・下剤や利尿剤の誤った使用が増える危険、ほかにも依存が拡がる重複依存、多重嗜癖の危険を多く孕みます。

摂食障害・過食症・拒食症は、あなたのみならず、あなたの愛する家族をも巻き込んで、あなたの望まぬ結果を次々と産むことになるでしょう。

愛する家族がいて、過食・過食嘔吐・チューイング・下剤や利尿剤の誤用が止められずに苦しんでいる方、
現在妊娠していて、症状がやめられない、止まらない方、
この先の結婚・妊娠に備え、その前に過食・過食嘔吐をなんとかしたい方、
愛する家族がいればこそ、妊娠していればこそ、人生の大きな節目を迎えるためにこそ、まずは、過食衝動を無くし、楽に、さっさと症状を止めましょう。

過食衝動を無くせば、ガマンすることなく、早々に、過食・過食嘔吐・チューイング・下剤や利尿剤の誤用が止められます。

【17】-5 便秘薬・下剤や利尿剤が妊娠に与える影響について

妊娠中に下剤・便秘薬、利尿剤などを使っていると、母親自身の身体やおなかの赤ちゃんに悪影響があります。

市販されている下剤・便秘薬の多くは、腸を無理やりにでも動かして排便を促すものです。

この便秘薬の作用が子宮に働いてしまうと、子宮筋を不要に収縮させて流産に至る可能性があります。

下剤・便秘薬を常に使っていたり、規定量以上に使っている場合、特にその危険が大きいでしょう。

また、妊娠中から便秘薬・下剤や利尿剤を使っていると、生まれた赤ちゃんに無呼吸発作という呼吸の障害がでる場合があります。

便秘薬・下剤、利尿剤を使っていることで、母親の血液の中性バランスが崩れ、アルカリ性に傾きます。

生まれた子どもにもその影響が残り、アルカリに傾いた血液のバランスを取るために無呼吸発作が起こります。

赤ちゃんの無呼吸発作は、全身の重要臓器が低酸素に陥ってしまうほど長期間、起こることもあります。

これは、各臓器がまだまだ発達途上の赤ちゃんの身体にとって大打撃です。

脳の発達に悪影響がでる場合もあるでしょう。

たくさん食べてしまったから多めの下剤・便秘薬を飲んで帳消しにしようというのであれば、自分でも気づかぬうちに、あなたは摂食障害・過食症・拒食症を発症している可能性が高いでしょう。

また便秘薬や下剤を規定量以上に飲んでしまう場合、摂食障害の関与はほぼ間違いありません。

再発の問題は摂食障害・過食症・拒食症医療の最大のテーマですが、便秘薬・下剤や利尿剤の使用がある摂食障害・過食症・拒食症の例は病状が重く深刻であることが多く、妊娠を希望するのであれば、完治をお勧めします。

妊娠後期には、大きくなった子宮によって腸が押しつぶされるため、ふつうでも便秘になりやすくなります。

そのような状態で、下剤・便秘薬に頼らなくても大丈夫な状態というのは、並大抵のことではありません。

摂食障害・過食症・拒食症であれば、妊娠中であっても、多くの方がこっそりと、あるいは自己判断で下剤・便秘薬、ときには利尿剤を使ってしまうことでしょう。

または、そういう形で再発してしまうでしょう。

また、摂食障害・過食症・拒食症の方の多くが便秘に悩んでいますが、この病気の方が便秘薬・下剤に一度頼ってしまうと、便秘薬・下剤常用・乱用に至ることが多いのです。

最初は月に数回だったものが、気づけば毎日に、いつのまにか規定量を越えた使用になってしまいます。

便秘薬・下剤の使用は、「これぐらい当たり前。」「これぐらい普通。」から始まり、いつのまにか人目を忍ぶほど、家族にも隠れて使わなくてはいけないぐらいの異常な量に増えていきます。

このようにして、摂食障害は、音も無く忍びより、あなたの人生をがんじがらめにしてしまうものです。

妊娠してもそれを止めることはできません。

おなかの赤ちゃんごとがんじがらめになるだけなのです。

便秘薬・下剤や利尿剤を「なんとなく」使いながら妊娠してしまうのは非常に危険なことです。

過食衝動をなくせば、過食・過食嘔吐・チューイングのみならず、便秘薬・下剤、利尿剤のあやまった使用もやめられるでしょう。

がまんすることなく過食・過食嘔吐・チューイングを止めることは、便秘の改善にも役立ちます。