摂食障害のホームページ

*

【2】-3 低体重への医療の対応 その2 リハビリテーション

著しい低体重ではクッションとなるべき体脂肪がほとんどありません。
姿勢の保持が難しかったり、日常の動作でも痛みを伴いやすかったりします。
洋式便座から立ち上がるときにふらついたり、お風呂につかる時に硬い浴槽に座ると痛かったりします。

著しい低体重に伴い、患者さんの日常生活はすこしずつむしばまれています。

これらの症状は、患者さんが体重を増やせないから、仕方がないことなのでしょうか。

著しい低体重を伴う摂食障害の患者さんは、
低体重によって起こる日常での苦しさや痛みをすべて我慢しなければいけないのでしょうか。

摂食障害の患者さんは、
自己処罰的な傾向が強かったり、自分の欲求を相手に伝えることが上手でない方が多いようです。

これらの日常生活をむしばむ症状について、
医療従事者にわざわざ伝えなかったり、うまく伝えられなかったりしているのかもしれません。

現在の医学における整形外科からリハビリテーションの分野の知識や経験をもってすれば、
著しい低体重に伴って生じる日常生活の苦痛をやわらげることができるのではないでしょうか。

摂食障害に関する専門的な書籍のいくつかには、リハビリテーションという項目はあっても、
摂食障害の就労支援や地域社会でのリハビリテーションについて書かれていることが多いようです。

整形外科に至っては、摂食障害の関連での記載をほとんど見かけません。

整形外科やリハビリテーションの分野の医療従事者の知識と経験が、
著しい低体重によって起こる日常生活上の不都合の改善に大きく役立つのではないかと思います。

「今」を改善することは、
「今」を生きられない多くの摂食障害の患者さんにとって、病気からの回復の糸口ともなりうるのではないでしょうか。