摂食障害のホームページ

*

【2】-3 低体重への医療の対応 その1 対症療法

対症療法という医療用語があります。

根本的な治療ではありません。

現在ある苦痛を取り除いたり、将来起こりうる不都合を可能であれば回避する、
といった目的の治療行為です。

今現在、摂食障害で苦しむ患者さんに、
今の医療が提供できるものを提供する、ということです。