摂食障害のホームページ

*

【3】-4 摂食障害と子育て その1

摂食障害を患っている場合、
妊娠・出産のときと同様、子育てにも大きな困難を伴います。

摂食障害女性では、
子育て期間中に症状が増悪することが多く、
育児への不安も強いようです。

一般に、摂食障害には
うつ病や不安障害などの精神疾患が併存しやすいことが知られています。

重大な出来事があると、
それが心から喜ばしいものであったとしても、
その出来事がきっかけとなってうつ病になることがあります。

昇進うつという用語があるぐらいです。

妊娠や出産、子育ては、
女性にとっての大きなライフイベントです。

摂食障害にうつや不安障害が併発しやすいことや、
妊娠・出産・子育てが人生の一大事であることを考えれば、

摂食障害の女性が妊娠うつや産後うつを発症しやすく、
育児に伴う不安を強く感じやすいことが容易に想像できるのではないでしょうか。

母親の精神的健康は子どもの精神的健康にも影響を及ぼします。

母親がうつ状態であったり、過食嘔吐に気を取られていたり、過度に不安な状態に陥っていたり、など、
母親の精神状態が悪いことは、

子どもの行動異常や精神疾患のリスクとなるばかりでなく、
子どもの発達にも悪影響を及ぼします。