摂食障害のホームページ

*

【1】-5 摂食障害と癌

過食嘔吐を繰り返しながらも、食道がんが心配で眠れぬ夜を過ごし、その不安を打ち消すように過食嘔吐することがありました。

摂食障害には、消化器系の癌のリスクがあります。
舌がんなどの咽頭がん、食道がんは化学的・機械的刺激や慢性的な炎症が癌の発生に関わっていると考えられます。
摂食障害で過食や過食嘔吐、チューイングする人は、摂食障害の無い人に比べると、何十倍~何百倍も、噛んでいますし、吐きだしていますし、嚥下していますし、嘔吐しています。
口腔~咽喉頭~食道~胃にかけての機械的刺激が非常に多いということです。
また、嘔吐による胃酸で口腔や咽喉頭、食道に炎症が起きるなど、慢性的な炎症も起こりやすい状況にあります。
これら消化器系の酷使は、消化器系の癌のリスクになります。

また、嘔吐時には喉頭上部にも機械的刺激が加わります。
喉頭上部に胃酸による化学的炎症が及ぶ可能性があります。
過食嘔吐によって、呼吸器系の癌に分類される上部喉頭がんのリスクも高くなると思われます。

摂食障害の症状としての嘔吐行為を認める方の場合を考えます。
嘔吐による食道の酷使という面からも食道がんのリスクが高いと考えられます。
それに加え、逆流性食道炎に伴うバレット食道という変化が食道腺癌の下地となります。
つまり、嘔吐するタイプの摂食障害の方に食道がんを発症するリスクはより高いということです。

摂食障害を患っている人の中にはタバコ、アルコール愛用者が多いようです。
タバコ、アルコールの過剰摂取も咽頭がん、喉頭がん、食道がんのリスクとなります。

アルコール常用によりすでに慢性膵炎を合併している人の場合、膵臓がんのリスクもあります。

吐きダコを根本から無くすには