摂食障害のホームページ

*

【13】-6 摂食障害医療 早急に解決すべき問題

一方で、早急に改善されるべきは、摂食障害医療の混沌が治療離れを促進していることです。

摂食障害の患者さんの多くが治療する側に期待することは、なるべく早く、リバウンドなく、過食、過食嘔吐、チューイング症状を無くすことです。

医院、クリニック、病院などの医療機関に行き、摂食障害、過食症の症状が苦もなくピタリと止まり、その後再発しなければ、大勢の患者さんが喜んで医療機関を受診するでしょう。

ところが、摂食障害、過食症専門の病院、クリニックでの治療、カウンセリング相談などでは、過食、過食嘔吐、チューイング症状を、楽に、いち早く止めることを第一の目的とした治療を展開していません。

その上、摂食障害、過食症に適した治療を受けられる治療機関は、日本ではまだ少ないようです。

症状軽減を目的として、抗うつ剤などを使用することもあるようですが、効果のほどははっきりしていません。

抗うつ剤、抗精神病薬、抗不安薬など精神科系薬物の使用は、気持ちが楽になったり眠れるようになるなど役立つ面もありますが、長期使用の弊害が懸念され、それこそ薬の副作用である処方薬依存の問題もあります。

依存症の性質を強く持つ摂食障害、過食症に対して、脳に効く精神科系の薬物を使用することは、危険も伴うため、本来は、よほど熟達した医師のさじ加減が必要なのです。

病院、医院、クリニックなど、医療機関が提供できるものと、摂食障害、過食症の患者さんが最も望むことの食い違いが、摂食障害医療の混沌を生み、それが摂食障害、過食症の治療離れにも影響しているでしょう。

また、摂食障害、過食症の治療に携わるとき、治療者は、常にアレキサイミアの関与について注意を払うべきでしょう。

摂食障害、過食症の患者さんの多くは、医療従事者を含む他者とのコミュニケーションに困難を抱えています。

そこにアレキシサイミアが加わり、その関与が治療者の念頭に無ければ、双方の行き違いは、またたく間に深刻なものとなりえます。

摂食障害、過食症が治療に結びつきにくく、治療離れを起こしやすいのは、依存症としての病態を考えれば、避けられないことです。

しかし、摂食障害を治そうとする医療従事者が治療離れを促進する事態は避けなければなりません。