摂食障害のホームページ

*

【10】-3 2型糖尿病 ⑧ 2型糖尿病と摂食障害 その5 過食と絶食、過食嘔吐は生体内のリズムを崩す

すでに述べましたが、人の身体の糖代謝は24時間単位で調節されており、これが通常のリズムです。

つまり、起床時約6時間ごとに3度食事を摂り、夜間や睡眠時12時間ほどは絶食期間となり、それに合わせてさまざまな神経やホルモンが競合・協調して多臓器に働き、24時間かけて元の状態に戻る、ということをくり返しています。

摂食障害の症状である過食は、夜間に多く、強い過食衝動の前には睡眠時間を削って症状を出す方も少なくありません。

過食後の絶食や節食、夜間の過食や過食嘔吐は、もともと24時間単位で調節されている糖代謝のバランスをめちゃくちゃにしてしまいます。

食べ物を消化吸収し、栄養として代謝するとき、人の身体には、消化管の自動能、自律神経調節、消化管ホルモンによる消化酵素の分泌、糖代謝に関わるインスリンなど各種ホルモンの分泌など、さまざまな機構がお互いに競合したり協調したりして、絶妙なバランスでもって働いています。

それらは、私たちが歩きたいときに足を動かすというような運動(随意運動)とは異なり、私たちの意思ではどうにもならない類のものです。

それらが良好に働くのに最も良いのは、生体内の一定のリズムを崩さないことです。

この場合、食べ物の消化吸収やその代謝が順調に行われるためにも、規則正しい食生活や十分な睡眠時間をとることが重要です。

過食やそれに伴う節食や絶食、過食嘔吐は、そのリズムをめちゃくちゃにしてしまいます。

不規則な過食、夜間の過食や過食嘔吐は、1日単位で調節されている糖代謝のバランスを崩し、糖代謝に多大な影響を与えるはずです。

糖代謝のバランスはインスリンやグルカゴン、コルチゾールなどのホルモン、自律神経系が関わっています。

糖代謝のバランスが崩れると、高血糖や低血糖が生じる危険があります。

ひとたび高血糖を経験してしまうと、それが次の高血糖の下地となり、くり返す高血糖により血管障害、細胞障害が深刻となっていくでしょう。