摂食障害のホームページ

*

【10】-3 2型糖尿病 ③ 子宮内低栄養の影響 その2

ありとあらゆる不摂生をしても生活習慣病を発症しない方は、その方の母方祖母の時代から、至適で、よほど恵まれた子宮内環境を過ごしてきた、ということです。

母親の卵子は、その母親が胎児期、母方祖母の子宮にいるときに出来上がります。

子宮内の環境は、母親のみならず、母方祖母の時代から重要なのです。

母となる女性は、健康、栄養に恵まれることで、子ども、孫にいたるまで、お金では買えない素晴らしい体質をプレゼントできます。

妊娠女性が栄養に恵まれる、というのは、過剰に体重が増えるということではありません。

詳しく知りたい方は、【9】-4 妊娠にふさわしい体格・体重増加 ①~⑮ をご覧ください。

欧米人に比して日本人が2型糖尿病を発症しやすいという体質に、胎児期の低栄養がどれほど強く関わっているのか、非常に興味深いことです。

日本では、若年女性のやせ、妊婦さんの妊娠時体重増加不良が見られ、徐々に問題視されるようになってきました。

これは非常にゆゆしき事態です。

妊孕性のある若年女性のやせや、妊娠時体重増加不良は、お腹の子どもに、将来的に2型糖尿病やメタボリックシンドロームを発症しやすい体質を与えてしまう危険があります。

摂食障害があると健康被害があってもやせを追及したり、妊娠中も体重をちょうど良く増やせないことがよくあります。

また、摂食障害は病識に乏しく、摂食障害であるという自覚のないまま妊娠している場合もあるでしょう。

日本における若年女性のやせや妊婦さんの体重増加不良の背景には、摂食障害の影響が少なからずあるはずです。

そしてそれは、将来、日本を担う子ども達に牙をむくことになる病気の温床なのです。