摂食障害のホームページ

*

【10】-2 糖尿病とは ⑥ 高血糖の害 その1 血液の浸透圧の上昇

では、糖尿病で高血糖だから、何が悪いのでしょうか。

高血糖の害悪とはなんでしょう。

以下に示すのは、1型糖尿病でも2型糖尿病でも、糖尿病であれば問題となる症状、合併症です。

人の身体には、生体内を一定の状態(恒常状態)に保とうとする巧妙な調節機構があります。

これをホメオスターシスといいます。

恒常性が保たれてこそ、生体内であらゆる化学反応がスムーズに働き、細胞活動が良好に保てるわけです。

このホメオスターシスは、血糖や血液の浸透圧、pH(酸塩基平衡)にも働いています。

高血糖によって、血液の浸透圧が著しく上昇します。

高血糖の害悪のひとつは、糖による血液の浸透圧の上昇です。

血液の浸透圧が上がると、細胞内の水分が血管内にひっぱられるため、細胞内は脱水になります。

また脳細胞が血液の浸透圧が高いことを感知して信号を発するため、のどが渇きます。

口から水分を摂取することで、身体の脱水を補正しようとするのです。

高血糖では細胞内脱水となり、のどが渇いてたくさん水分が欲しくなります。

また、高血糖では腎臓で精製中の原尿に糖が漏れ、その糖が腎臓から水分をひっぱるので、多尿となります。

高血糖によって血液の浸透圧が上がると、のどが渇いて、水分をたくさん摂るようになったり、尿の量が増えます。

高血糖下で、飲水と利尿のバランスが崩れると脱水となります。

脱水が極まると、意識がおかしくなったりケイレンするなど糖尿病性昏睡(高浸透圧性非ケトン性昏睡)となることもあります。

高齢者が糖尿病を発症した場合に、糖尿病性昏睡になりやすいのは、もともと高齢者が脱水になりやすいからです。

またインスリンが肝臓に有効に働かない結果として、肝細胞で糖を利用できず、ケトン体が過剰に産生されるようになります。

このケトン体は酸性の特性をもつため、血液のpHを下げ、糖尿病性昏睡(糖尿病性ケトアシドーシス)を引き起こすこともあります。