摂食障害のホームページ

*

【9】-5  妊娠全経過と摂食障害のカンケイ ② 摂食障害女性の産科的な合併症 その2 子どもへの影響

摂食障害の女性が妊娠したときに、お腹の子どもに起こりうる合併症としては、胎児奇形、子宮内胎児発育不全があります。

子どもが生まれるときに元気のない状態(低Apgarスコア)で生まれることもあります。

子どもが生まれてからは、低出生体重児、未熟児(早期産児)、周産期死亡率(早産による死亡や生後7日未満の新生児の死亡)の増加などが知られています。

摂食障害は、妊娠前から「やせ」であったり、妊娠中体重増加不良に陥りやすい病気です。

そのために子宮内胎児発育不全や低出生体重児、未熟児の増加があるのでしょう。

母体が妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を合併すると、胎盤がうまく働かなくなり、その影響でも子宮内胎児発育不全となることがあります。

未熟児として出生したり、出生後も呼吸障害など命に関わる重篤な病気を合併しやすくなります。

その結果、周産期死亡率は増加するでしょう。

また、胎児発育不全は子宮内低栄養の症状です。

おそらくその子どもは将来生活習慣病にかかりやすいでしょう。