摂食障害のホームページ

*

【9】-4 妊娠にふさわしい体格・体重増加 ⑬ 摂食障害とのカンケイ その8 妊婦さんに摂食障害を疑うポイント

妊娠中の体重増加が過少であったり過剰であったりする場合、その妊婦さんは摂食障害である可能性があります。

やせ衝動が強く働けば、体重を増やせないからです。

過食衝動が強く働けば、過食により体重は増えすぎるからです。

たとえ、妊婦さん自身が体重増加の過少や過剰が有害となりうることを知っていても、摂食障害のやせ衝動、過食衝動の前には何の抑止力にもなりません。

意志の力でコントロールできないのが衝動なのです。

また、基礎疾患や妊娠合併症が無いのに、妊娠前から「やせ」があって、妊娠中の体重増加がおもわしくない妊婦さんは、かなりの確率で摂食障害でしょう。

摂食障害の中には、妊娠中にちょうど良い体重増加を果たせる方もいるかもしれません。

しかし、そのためには徹底した食事管理など多大な努力を必要とし、大きなストレスを伴うはずです。

それは、正常妊娠経過を逸脱させるほどの大きなストレスになり得ます。

体重増加を防ぐためにチューイングや嘔吐を必要とした場合、その方はほぼ間違いなく摂食障害です。