摂食障害のホームページ

*

【9】-4 妊娠にふさわしい体格・体重増加 ⑩ 摂食障害とのカンケイ その5 妊娠前の肥満

摂食障害の妊婦さんの妊娠前の体格が肥満であったとします。

妊娠前の母体に肥満がある場合、妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病・帝王切開分娩・巨大児分娩などの可能性が高くなります。

これらの合併症は妊娠中の体重増加過剰で悪化するものばかりです。

しかし肥満の原因が過食衝動にあれば、妊娠中の体重増加過剰も十分ありうることでしょう。

妊娠前から肥満のある摂食障害の方が、妊娠中の体重増加過剰を防ぐには、がまんせずに過食を止めることです。

がまんせずに過食を止められる治療機関を頼ってください。

では妊娠前に肥満であった場合、妊娠中の体重増加はどれぐらいが望ましいのでしょうか。

妊娠前に母親が肥満体型でも、妊娠中の体重増加は生まれてくる子どもの乳児死亡率の低下に寄与します。

妊娠前に肥満だったからといって、自己判断で妊娠中に体重を全く増やさないのは非常に危険なことです。

妊娠前から肥満がある場合、妊娠中の体重増加の推奨量は個人で異なります。

妊娠に伴う負担を担うだけの余力を超えない分、つまり体重が増えても妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群を発症しないような範囲の分、体重を増やせるのがベストなのでしょう。