摂食障害のホームページ

*

【9】-3 Barker仮説とDOHaD ⑱ 子どもの将来・・の前に その2

「やせ」の状態で妊娠することは、母親にとっても子どもにとっても多くの危険をはらみます。

子どもにとっての危険についてまとめてみます。

母親の妊娠前からの「やせ」は、常位胎盤早期剝離のリスクを上げるという報告があります。

これについては、【9】-2 常位胎盤早期剝離の項で詳しく書きました。

母親が常位胎盤早期剝離を合併すると、子どもがお腹の中で死んでしまったり、生まれてきても脳性まひなどの後遺症が残ることがあります。

また、切迫早産・早産になりやすく、子どもが未熟児(早期産児)として生まれる危険があります。

未熟児として生まれると、新生児仮死という全く元気のない状態で生まれたり、呼吸障害を起こすリスクがあります。

早産の程度によっては、集中的な新生児医療を受ける必要があるでしょう。

次に、子どもが低出生体重児として生まれる危険があります。

子どもが小さく生まれることで、呼吸障害・低血糖など合併しやすく、集中的な新生児医療が必要となることがあります。

母親がやせた状態で妊娠すると、胎児期・新生児期にも、子どもにさまざまな危険が生じうるのです。