摂食障害のホームページ

*

【1】-3 過食や過食嘔吐と腹痛 その1

過食することで一度に沢山の量の食べ物がお腹につめこまれると、おなかがすごく苦しくなったり、痛くなったりします。
実際に身体的な変化がおきていて、腹痛や吐き気などのお腹の症状がでることもあるようです。

身体の準備状態を上回った量の食べ物が胃に詰め込まれると、急性胃拡張になることがあります。
急激に多量の食べ物が胃に詰め込まれて、胃がマヒしてしまい、食べ物が小腸に流れ込めなくなる状態です。
胃がマヒしてのびきってしまうと、嘔吐もなかなかできず、大量の食べ物が胃の中にとどまったままになります。

この状態が悪化すると、のびきった胃がやぶれてしまったり(胃穿孔、胃破裂)、胃の血行が悪くなって腐ってしまったり(胃壊死)することがあります。

胃穿孔、胃破裂、胃壊死はいずれも重篤な病態で、緊急的な医療の介入が必要です。
いつもと違うような激しい腹痛には要注意です。

(ネット検索 日消外会誌 31(12):2346~ 2349,1998年 症例報告 過食後の急性胃拡張により胃壊死をきたした1例 国立水戸病院外科,同 病理部 草 臼田 昌広 小泉 雅典 園府田博之・中原 千尋 植木 浜一 柴崎 信悟 を参考とした。拒食をベースに発作的な大食を行うことで死亡する可能性。胃拡張から胃壊死に陥る可能性。)