摂食障害のホームページ

*

【9】-2 妊娠中期 ~後期 妊娠糖尿病 ③ 概要 その3 日本人と糖尿病

インスリンの分泌能力には個人差、民族差があります。

日本人の2型糖尿病の半数は肥満を背景としないインスリン分泌不全型といわれます。

インスリンが十分に働いた結果、脂肪細胞が脂肪を蓄えに蓄えて、肥満になります。

肥満を背景としないインスリン分泌不全型は、肥満するまでインスリンを分泌する以前に、膵臓からのインスリン分泌が途絶えるということです。

日本人のインスリン分泌能は、欧米人と比較すると低いようです。

インスリン分泌能の低さは、膵β細胞の疲弊しやすさ、とも言い表されます。

日本人のインスリン分泌能が低いのであれば、そもそも日本人女性は妊娠糖尿病を発症しやすいのかもしれません。