摂食障害のホームページ

*

【9】-2 妊娠中期 ~後期 妊娠高血圧症候群 ⑩ 摂食障害とのカンケイ その2

摂食障害女性の妊娠では妊娠高血圧症候群を合併しやすいようです。

私は、その原因が摂食障害の過食の結果としての糖尿病・肥満体型だけではないと思います。

摂食障害を患っていると、多くの場合、母親の栄養状態は良いとはいえません。

摂食障害の病気の症状として、極端な摂食制限や、過食後に絶食期間をもうけたりするためです。

特定の食品しか摂取できない場合もあります。

摂食障害では低栄養か極端な栄養の偏りがあることが多いでしょう。

妊娠初期の栄養状態が胎盤形成に影響を与えることが知られています。

妊娠初期の低栄養、あるいは極端な栄養の偏りが、妊娠高血圧症候群の胎盤形成不全と関係しているかもしれません。