摂食障害のホームページ

*

【9】-2 妊娠中期 ~後期 妊娠高血圧症候群 ⑥ 疫学 その1

妊娠高血圧症候群を発症した女性とその子どもを長期間にわたって経過観察した疫学研究があります。

妊娠高血圧症候群を発症した女性も子どもも、その後に心血管系病変、脳血管病変を発症するリスクが高いことが分かったそうです。

妊娠高血圧症候群を発症した女性やその時の子どもは、将来心筋梗塞や脳出血などに罹患して死亡する危険性が高いのです。