摂食障害のホームページ

*

【9】-2 ⑤ 妊娠中期 ~後期 早産・切迫早産 摂食障害とのカンケイ その4

摂食障害が早産・切迫早産を合併しやすいことについてのまとめです。

原因として、摂食障害の妊婦さんに大きなストレスがかかりやすいことが挙げられます。

また、摂食障害による妊娠前のやせ体型や、妊娠中の体重増加過少は早産につながります。

摂食障害の症状である過食嘔吐行為それ自体が、早産を促す場合もあるでしょう。

早産となった場合、子どもは未熟児(早期産児)として生まれます。

未熟児として生まれると、長期間の新生児医療が必要となることがあります。

赤ちゃんが未熟であればあるほど、また小さければ小さいほど、命の危険は高く後々重篤な後遺症が出現する可能性も高くなります。