摂食障害のホームページ

*

【9】-2 ④ 妊娠中期 ~後期 早産・切迫早産 摂食障害とのカンケイ その3

摂食障害が早産を合併しやすいもうひとつの原因として、妊婦さんの「やせ」が挙げられます。

やせた状態で妊娠したり、妊娠中の体重増加が過少である場合、早産や低出生体重児出産につながることが知られています。

また、摂食障害の症状として過食や嘔吐がある場合もあります。

妊娠中期以後は、目に見えて妊婦さんのお腹は大きくなります。

胎児が成長し、子宮が大きくなるためです。

過食による胃の拡張・嘔吐の体勢・嘔吐による腹腔内の圧変化は、大きくなった子宮と胎児を物理的に圧迫するでしょう。

過食嘔吐行為それ自体が、早産・切迫早産を誘発しうるものです。