摂食障害のホームページ

*

【9】-1 ① 妊娠初期

妊娠初期は、日本では妊娠16週未満を指します。

母親となる女性が妊娠に気付くきっかけは、月経停止や「つわり」でしょう。

定期的に月経がある人の場合、早ければ妊娠4~5週には妊娠の可能性に気付けます。

また、「つわり」は妊娠5週ころから出現するので、「つわり」を認めた場合にも妊娠に気付けるでしょう。

月経が不定期だったり、「つわり」に気付けなかった場合には、妊娠10週以後に気付く場合もあります。

妊娠10週ごろには胎児の重要臓器はほぼできあがっています。

流産の多くが妊娠12週未満に起こると言われています。

母児ともに、妊娠初期はとても大切な時期です。

妊娠初期は胎盤が作られる時期でもあります。

胎児の着床とともに胎盤が作られ始め、妊娠16~20週頃にその形やしくみが完成します。