摂食障害のホームページ

*

【14】-3 チューイングと歯周病(歯槽膿漏) ② チューイングが歯周病を引き起こすしくみ

チューイングでは、食べ物、固形物が食道、胃、小腸、大腸を通りません。

消化管では、食べ物などの塊がその内部を通ることで、古い上皮細胞がはがれおちたり、ホルモンが分泌されたり、蠕動という消化管独特の動きが起こります。

消化管というものは、その中を食ベ物のカタマリ(食塊)が通るからこそ、よりよく機能するように出来ています。

チューイングに伴って、食塊が消化管を通過しないと、徐々に腸の働きが低下し、消化吸収機能が落ちていきます。

消化管、腸は、食べ物の消化吸収以外にも、腸管免疫という免疫システムをもちます。

消化管、腸は、免疫の面でも、人体にとって非常に重要な働きを担っています。

胃から続く小腸は、十二指腸、空腸、回腸から構成され、大腸につながっています。

小腸には、特にリンパ組織(免疫を担当する細胞の集合体)が発達した部分があり(回腸)、腸管免疫が正常に、活発に働く上で、非常に重要な臓器です。

小腸の消化管としての働きが低下することで、小腸の担う腸管免疫の働きも低下してしまいます。

腸管免疫の働きの低下によって免疫力が低下すると、歯周病が引き起こされたり、悪化したりします。

チューイングによって食べ物の塊が小腸を通過しなくなると、消化管としての機能が衰え、連鎖的に腸管免疫の働きも落ちて、歯周病が引き起こされるというわけです。